--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.09.04 *Thu

『HOUSE』 シーズン3 第15話 “人生に幸あれ”

サバン症候群(知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の
分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状)の
天才ピアニスト、パトリックがジストニアで入院。
特に治療が難しくもないこの患者の為に、ハウスは朝の5時から
部下達を病院へ呼びます。その真意は─

10歳の頃の交通事故がキッカケで、音楽の天才になったパトリック。
ハウスは彼がナゼそうなったかという理由を、医学的に徹底的に
調べたかったようです…。

結局、興味本位から始まった検査で、患者の右脳が脳死状態(?)
であり、高安病でもあることが判明。
ハウスは「彼に人生を与えたい」と父親に訴え、右脳摘出の手術を
施す事に。やがてパトリックは自分でボタンをかけれるようになるの
ですが…。ピアノはやはり以前のようには弾けないのかな…
ちょっとモヤモヤしました。

それにしても、パトリックとハウスのピアノ、とっても良かったです♪
私は今回、久しぶりにしんみりと、じんわりと、良いお話になると
勝手に思い込んで観ていました。ところがどっこいです。
最後はやっぱりハウスに対して「またかよ」という感じでため息を
つくハメになりました…。

ボストンの病院に引き抜きか?!と思いきや、実は患者として
行くらしい?!しかもハウスが脳腫瘍?!余命1年?!
いち視聴者の私でさえ「え゛ーっ!」て思ったんですから、ハウスの
周りの、彼を慕う人達にはすごい衝撃だったでしょう。

患者そっちのけで、ハウスの病状を調べまくる部下3人集。
そしてやっと突き止めた新事実!それと同時にハウスへの落胆を
再び味わうことに…。

フォアマン、キャメロン、チェイス、カディ、ウィルソン、
ウィルソンだけですね、性懲りもなくハウスに説教してくれるのは。
最後、皆が集っていたあのお店に果たしてハウスは入っていった
のか? 思わず「行けよっ!」てツッコミましたよ(笑)

ちなみに、ハウスが病気だと知って「今からあなたをハグします」
という態度に出たチェイス。これは個人的にツボでした(笑)



House, M.D.House, M.D.
(2007/09/18)
Original TV Soundtrack

商品詳細を見る
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

suubi

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。