--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2006.10.05 *Thu

HOUSE 第9話

HOUSE』 第9話 “生きる希望”

今回の病気は、途中でもう何がなにやら、難しくてよくわからなくなって
しまいました…。
結局はハミルトンが間違っていて、ハウスが正しかったって事で?
MRIって、何度も撮り直しした方がいいんですねー。ほんの小さい部分を
見逃してしまうだけで、二年も車椅子に乗るハメになるのだから…。

いわゆる延命拒否をしていた患者に対して、ハウスは症状が悪化した時に
挿管します。これが原因で裁判沙汰になり、ちょっとグダグダしますが
ハウスは諦めずに自分が納得するまで調べようとします。

今回、患者の主治医がハミルトンだったので、彼と縁のあるフォアマンが
担当につきます。でもハウスが絡んでくるせいもあり、いまいち
頼りない感じ。でもこの経験?のおかげでフォアマンもハウスのやり方や
考え方に、自分が尊敬するハミルトンには無い何かを感じたようで。
結局はオファーを断り、ハウスの元に残る事に決めたみたい。

有名なトランペット奏者の患者だったのですが、彼とハウスとの渋い
やりとりが、なかなか印象的でした。
だってハウスが真面目に?聞いているし(笑)
「天職」なんですね~。経験無いのでわかりませんが、なんとなく
言ってることはわかりました。
一時は生きる希望を無くし、死にたいと言っていた患者が退院するとき、
ハウスと歩きながらのシーンで「What a Wonderful World」が流れたのが
良かったです~♪


House: Season Two (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Dig) House: Season Two (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Dig)
Hugh Laurie、Lisa Edelstein 他 (2006/08/22)

この商品の詳細を見る





COMMENT : 11  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

COMMENT

ハウスの見立ては間違っていなかったけれど、MRIで双方が見落とした(写っていなかった)部分があったということなのでしょうね。あれって、1㎝刻みで撮影すると聞いたことがあります。もっと細かく撮影もできるのかな、でもその間に何かあったらわからないですよね。
私はこのエピは今まででベストでした。やはり道を極めた人でないと、ハウスの心に届かないのかなと思いました。
2006/10/05(木) 18:58:21 | URL | josetangel #mQop/nM. [Edit
★josetangelさんへ。
こんばんは♪
ハウスがMRIを撮れと言った時に、フォアマンが「前に撮った」と言い、
更にハウスが「もう一度撮れ」と言ってましたよね。
あの状況で、医者ですら何度も撮る必要ないと思っているみたい
なので、本当に何があるかわかりませんよねー。
ハウスのその道を極めている探求心故にって感じでした。
とても深くて良いエピでしたね。

ところでjosetangelさん。BONESのコメントの返信を書かれていない
ようなんですが、私、何か不適切な表現があったのでしょうか…。
だとしたらすみませんです…。
2006/10/05(木) 20:40:06 | URL | suubi #53A0b1AQ [Edit
こんばんは!
今回のお話も何回か繰り返しみないと治療関係のところはわかりませんでした(苦笑)。でも人間関係のドラマの部分がおもしろかったので1時間退屈せずに見ることができました。これぐらいの楽しいエピソードが続いてくれるとうれしいですね。
2006/10/06(金) 00:37:56 | URL | Alex #- [Edit
ごめんなさい
suubiさま、コメントの件お返事が遅くなって申し訳ありません。いつもコメントやTBをいただいて感謝しています。いただいたのは知っておりましたが、すっかりお返事したつもりでおりました。すでに老化現象がきているかも知れません。大変失礼をいたしました。m(_ _)m
こちらにもついつい浸りきって、おじゃましてばかりでご迷惑ではと思っています。もしよろしければ、これからもよろしくお願いいたします。
2006/10/06(金) 01:43:31 | URL | josetangel #mQop/nM. [Edit
★コメントありがとうございます♪
e-24Alexさんへ。
ですよねー、治療関係の部分は私なんかにはサッパリでした…。
人間関係の方では、本当に深いとこ突いてる感じで、なかなか
良かったです。ああいう描き方でハウスの過去などがもっと明らかに
なっていくと面白いですね。

e-24josetangelさんへ。
良かったです~~~。安心いたしました!
結構ドキドキしていたので…(笑)
私も、ありがたい事にたくさんコメント頂くと、危うい時がありますし。
それから、迷惑なんてとんでもないので、ぜひ浸りきりまくって下さい!
josetangelさんの奥深いコメント、いつも楽しみです♪
これからもよろしくお願い致します!
2006/10/06(金) 12:58:39 | URL | suubi #53A0b1AQ [Edit
このドラマが、今回のエピを見て、一番のお気に入りになりました。
いつも思うのですが、どんなお医者さんもあのチームのように、色々な病名をぱっと思いつけるものなんでしょうか?
ただただ感心しているんですけど。普通なのかなぁって。
今回、キャメロンとチェイスが、ハウスに大きな信頼を置いている事が分かって、なんだか嬉しく感じてしまいました。
カディが、最初から弁護士費用をハウスの為に予算を組んであるっていうのが、面白かったです。よく理解しているわ♪
私もTBさせていただきます。
2006/10/07(土) 01:15:22 | URL | びち #oRna.q6w [Edit
★びちさんへ。
こんばんは♪
今回のこのエピ、気に入った方が多いですねー。私も好きです。
色々な病名をポンポン言い合ってますが、やっぱりあのチームは
優秀な集まりなんじゃないでしょうか。せっかくハウスが選りすぐった
のだから、普通だとイヤですね。
今回の事で、フォアマンもハウスに何かを感じたようで、更に
良いチームになると嬉しいです。
カディの用意周到さは流石ですね(笑)
TBありがとうございます。
2006/10/07(土) 18:05:12 | URL | suubi #53A0b1AQ [Edit
お楽しみ部分とドラマな部分のバランスがとてもよく感じられました!
診断の過程は相変わらずの見切り発車ですが。
HOUSEはそれ以外の部分を楽しむものなのだとようやくわかってきました。
リンクのお申し出、ありがとうございます。
こちらからもさせていただいてよろしいでしょうか?
2006/10/08(日) 12:26:03 | URL | yasishi #- [Edit
★yasishiさんへ。
こんにちは♪
今回のような内容だと、また少しハマってしまいました。
診断の過程は、ほんと相変わらずですが(笑)
リンクの件、ありがとうございます!早速貼らせて頂きます。
うちの方もぜひお願い致します!
2006/10/08(日) 15:20:05 | URL | suubi #53A0b1AQ [Edit
♪What a Wonderful World~
v-322こんばんはぁ~。v-483

昨日から花粉症になったみたいで、くしゃみと鼻水が止まりませぬ。
常時水分補給をしないと脱水症状になりそう・・・。v-400
Suubiさんは花粉症は大丈夫ですかv-361

さて今回の話題。
お楽しみの外来患者の診察、
週末をv-157ヤツv-156と楽しく過ごしたいv-10v-238v-319なぁ~んて・・・男ならイタイほどよくわかるv-74症状だよな。v-100v-426
でもなあ・・・・・肝心な本人が糖尿病では処方薬は出ない・・・・・と思ったらHouseが何か書いて渡してたな。v-12

患者が希望したDNR無視して蘇生を行ったHouseが訴えられたときのカディーの言葉、
「厄介な医師を雇った以上は、訴訟費用は経費として計上してあるから弁護士を雇いなさい。」
このシーンを見て、彼女のほうがHouseよりも一枚上手だなと思いましたよ。v-218

まあ確かに今回のストーリーは分かり辛かったですね。

>ハウスと歩きながらのシーンで「What a Wonderful World」が流れたのが
良かったです~♪

そうそう、この最後のシーン。
私もこの曲が流れてきたので おおぉぉぉぉ~v-425 エエやんかぁ~と思いました。
2007/03/29(木) 20:20:42 | URL | Tycoon #3eQvvr92 [Edit
e-18Tycoonさんへ。
私は花粉症では無いんですよ~。今となっては逆に珍しい存在ですv-218
あ、旦那は生粋の(?)花粉症でTycoonさんと同じく苦しんでおりますv-400

本当に、ハウスが働けるのはカディが居てこそって感じですよね。
その事はたぶん彼もわかっているのでしょうが、ああいう表現しか
できないワケで…。そしてそこまでも理解しているよなカディですねv-424
「What a Wonderful World」v-266最高でしたv-392
2007/03/30(金) 21:26:53 | URL | suubi #53A0b1AQ [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

生きる希望/DNR 有名なトランペット奏者のジョンが久々にトランペットを吹こうとして発作を起こす。ハウスは珍しく担当を志願するが、患者の主治医はロスアンゼルスのハミルトンだったためハミルトンの元部下のフォアマンが担当に決まっていた。 ジョンの発作は肺炎であっ
2006/10/06(金) 00:44:18 | blog EVERGREEN [Del
今日のエピは・・・有名なトランペット奏者ジョン・ヘンリーが、呼吸困難を起こして運ばれてくる。彼の主治医がフォアマンの元上司のハミルトンだったために、今回の治療の責任者は、フォアマンが選ばれる。ハミルトン医
2006/10/07(土) 01:16:09 | びちのお気に入り [Del


プロフィール

suubi

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。