This Archive : 2009年03月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.03.19 *Thu

お知らせ。

当ブログを読んでくださっている皆様。いつもありがとうございます♪

私事ですが、最近ちょっとバタバタしておりまして、
なかなかブログ更新ができずにいる今日この頃です…

という事で、ちょっとお休みします。
4月からパート復帰しますので、色々と微妙に落ち着いてきたら
すぐに戻って参ります♪

それではまた。
スポンサーサイト
[EDIT] [TOP]

2009.03.12 *Thu

Law&Order 犯罪心理捜査班 第13話 “騙されたセレブ”

広報業界の御曹子カーライル氏が、ボートハウスで遺体で発見され、捜査を始める
ゴーレンとエイムズ。両刃ナイフで刺され、殴られた痕もあるようです。
カーライルにはリリーという娘がおり、どうやらこの殺人は、いわゆるセレブな
お嬢様絡みな感じです─

カーライルは、娘リリーの交際相手を嫌っており、殺される前にもその事でリリーと
口論になっていました。早速その相手を調べてみると…

リリーの行きつけのクラブオーナーであるハンプトン。彼が経営するクラブは、かなり
怪しく、マフィアの影が。じゃぁ、マフィア絡み?と、なりますが、更に調べていくと
実はカーライルはFBI捜査官で、そのマフィアをターゲットにして潜入捜査中だと判明。
もちろん、FBIの意見を無視し、そのまま殺人事件の捜査を続行するゴーレンらですが…

このハンプトン、かなり捜査官としての行為を逸脱していましたね~。
自身のコカイン漬けは、おとり捜査間として仕方ないかもしれませんが、セレブなお嬢様
リリーを利用し、彼女にドラッグを与え、金まで取っておりましたとさ。
そしてこの事実を知ったカーライルは、ハンプトンの上司に直訴すると言い出し、それを
止めるためにハンプトンは彼を殺害したようです。

ハンプトン逮捕をFBIに妨害されながらも、なんとか凶器絡みの証拠を上げ、最後には
直接彼と対峙したゴーレン。やっぱりそれがないとダメでしょうって感じ(笑)
ゴーレンの尋問シーンは、毎回とっても見所ですから。
結局、自分が利用したリリーの証言ビデオがキッカケになって逮捕されたハンプトン。
有能そうな感じのする捜査官でしたが、彼がなぜこんな堕ちてしまったのかを詳しく
知りたかった気がしました…。

今回で、ゴーレンとエイムズの経歴がちょっと判明♪
ゴーレンは、麻薬取締課に4年おり、潜入捜査を3回指揮し、27件の逮捕と起訴!
エイムズは、風紀犯罪取締班に3年おり、売春のおとり捜査なんかしちゃってました。
ふーむ、エイムズはともかく、やっぱりゴーレンってずっとスゴかったのね~♪

あ、そうそう、ハンプトンが身代わり容疑者に仕立てようとしたエディという青年。
彼は「BONES」のザック?
ああいうスレた感じも結構似合っておりました。どうせなら、犯人役でも良かった(笑)


Law & Order: Criminal Intent - The Second Year [DVD] [Import]Law & Order: Criminal Intent - The Second Year [DVD] [Import]
(2006/12/12)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 3  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2009.03.06 *Fri

ボストン・リーガル シーズン3 第9話 “サンタの家”

前回リンカーンにスコップで殴られたレポーターのグレイシーは、どうやら
生きていらっしゃるようで…。相変わらず毒舌かましてました(笑)

シャーリーが行方不明になり、事務所では皆が心配。
明かにリンカーンが怪しいという結論になるのですが、警察は証拠が無いと
動いてくれません。さて、どうしたものか…

一方、ジェリーとアランの案件。
アランはこちら側の不利を考慮し、エリカに精神障害を主張しようと答弁の変更を
提案します。でもエリカは拒否。さて、どうしたものか…
と、思っていたのですが、ジェリーがすごく活躍していました♪
手が離れていましたもん(笑)
自称“人間ウソ発見器”なジェリーは、エリカは殺していないと断言し、
金銭的動機から、ポーラの恋人や夫ウィルクスを攻めまくり。
ついにはとっても重要な証拠を見つけておりました。

ポーラは自殺だったようです。彼女の生命保険の受取人であるウィルクスは、
自殺だと保険金がおりないので、他殺っぽくみせかける為に細工をしたんですね~。
なるほど。
それにしてもジェリーを初めて「やるじゃん」と思いました(笑)
これはアランも同じ気持ちだったようで、2人の弁護士として、友人としての仲が
深まります。それを見ていたデニーが、やきもちを焼くという面倒な展開も絡みつつ(笑)
アランとデニーがいかに“親友”なのかってのが再確認できましたとさ。

で、リンカーンに監禁されているシャーリー。
手足を椅子に縛られ、銃も持っているリンカーンに対して、全く引かない態度の
シャーリーにアッパレ(笑)
そして状況を知ったアランの、アランらしい機転で、やっと警察が動いてくれました。
妙な仕掛けをしていたリンカーンですが、やっぱりねって感じで自業自得の展開。
結構サックリと矢が刺さりましたが、命に別状はない様子。
まぁ、彼も可哀想な人なんですよね…。例の隣人の判事が亡くなってしまったことが
キッカケのようでした。本当に愛していたようで。
と、いうことは、判事殺しはリンカーンでは無いんだなーって。ま、いいや。

デニーはベラ(べサニーママ)にオチるのか?
デニースはアランにオチるのか?


Boston Legal: Season 2 (7pc) (Ws Sub Dol Sen)Boston Legal: Season 2 (7pc) (Ws Sub Dol Sen)
(2006/11/21)


商品詳細を見る
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.03.05 *Thu

THE LISTENER 第1話

スペシャル・プレビュー観てみました♪  詳しくはこちら

新人救命士のトビーは、人の心の声が読めるというテレパス(テレパシー能力者)。
しかも、子供の時から自分なりに訓練し、周囲の心の声を遮断できるようコントロールも
できてしまっている。これは大事だと思いました。やたらめったら心の声が聞こえて
きたら、それはそれはたまらないと思いますので…
そして初回からその能力は、更に進化をとげようとしております─

自分が心を閉じていたのにも関わらず、ある日突然映像を伴って誰かの思考が
流れ込んでくるんですね~。
これがキッカケで、今回は息子をさらわれた女性を助ける事ができたのですが、
自分で制御がきかないまま、このような新たな能力が出てきた事に対し、不安を
隠せないトビー…

唯一トビーの能力を知っている、良き理解者である大学教授のレイ。
彼が言うには、トビーの能力の限界を超え始めた良い兆候、だそうで。
救いを求める声があまりにも強く、トビーの心の壁を突破した?みたいな。
そしてトビーは、その力の変化により過去の記憶が断片的に甦り、視聴者はそれを
観ることによって、彼の過去を知っていく感じです。
とりあえず、トビーの母親も同じ能力者だったという事。そして母親は声にとらわれて、
心が壊れてしまった… というような事がわかりました。
その恐怖心や不安も、トビーにはあるのでしょうね。
でも彼は、新しい能力の進化を受け入れていこうとしています─

とりあえず、面白そうでした♪ トビーもイケメンさんでしたし(笑)
初回を観た感じでは、トビーは救命士なので、能力である人物の危機を察知
できたとしても、なかなかスムーズに進まないなーって。
それが別の事件とかに関わってくると。鍵を開けれるだけじゃダメかも?(笑)
(今回は、単独で助けに行き、意外にあっさり解決(?)しましたけど)
救命士としての仕事ぶりは、あまり関係ないような気もしました。
例えば災害などで、負傷して話せない人から「まだ子供が救出されてない…」とか、
そういうのなら救命士冥利につきる感じですが。
だからあのマークスという女刑事が絡んでいく方向なんですかねー。
トビーの元カノで、ドクターのオリビアの絡み具合も気になります。彼女には自分の
能力を打ち明けようとしているみたいですが…
なんだかのほほ~んとしたトビーの相棒オズはイイ感じですね♪

本放送は5月予定。楽しみなドラマが増えそうです。
ちなみにFOXでは、視聴者からこのドラマの邦題を募集しているようです。
一応考えながら観てみたのですが… うーん… 


COMMENT : 9  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2009.03.02 *Mon

ブラザーズ&シスターズ シーズン2 第39話 “父と息子”

シーズン最終話です。

遅れているケヴィンを待たずに始まったウォーカー家族会議。
議題は“レベッカの件”。皆が知ることになります…
そんな中、微妙なタイミングでやって来たケヴィンは、議題が自分とスコッティの
事だと思い、式についての発表。
「レベッカは、ウォーカー家ではなかった」→「ケヴィンの結婚式」
という流れに、家族は妙な間を置いての、祝福でしたとさ。

“宣誓式”でも“結婚式”でも“ゲイ婚式(?)”でも、なんでもイイじゃない!
とにかくついに、ケヴィンとスコッティのおめでたい日が近づいてきています♪
しかし─  スコッティの両親は、いわゆるゲイに否定的というか…
式には出席しそうにありません。説得なんて時間の無駄だと言うスコッティ。
そんな彼の姿が、やはり気になってしまうケヴィン…

そんな中、ジャスティンのリサーチ不足のおかげで、ケヴィンの独身さよならパーティーは
お流れ。 ↑事情を知ったトミーとジャスティンに促され、ケヴィンはスコッティの両親へ
会いに行きます。  と言う事で、アリゾナまでのドライブ!
結局、スコッティの母親は「ゲイの式に出席するなんて屈辱的」とまで言う感じ…
うーん、息子の事は想っているようですが、それが故に、ですかね。こういう考え方の
人もいるのでしょう…。両親の、式への出席は叶いませんでした。
しかし父親が、自分が結婚式にしていたカフスボタンを、託してくれます─

さぁ、いよいよ結婚♪ 父からのカフスボタンを手にし、ウルウルするスコッティ♪
お料理はスコッティ(とノラ)が担当し、お花もたくさん飾られ(ノラ作)、
キティがユーモアを交えながら、式が進みます。とってもロマンティック~♪
だったのですが…  
指輪、用意してなかったんかいっ!!  みたいな(爆)  
とりあえず、トミーとロバートの指輪でしのいでいました…。
一応、無事に終えた感じでしたね。もうちょっと見せて欲しかった気もしましたが。
ウォーカー家は、そのほかも色々と話題がてんこ盛りなのでムリだったかな。

レベッカの事は、血が繋がっていなかったとわかっても、今更拒否するウォーカーの
人なんているハズもなく…。結構スムーズに流れてくれました。
ジャスティンとも、仲直り以上の進展♪
ただ、やはりというか、サラは引っ掛かっていますね。もちろんレベッカにではなく、
ホリーに。この事と、合併の件とは、全く関係ないのか?
サラはホリーの陰謀とまで豪語し、詐欺だと騒ぎ、証拠を探しているようです。
で、再浮上してきたのが、例のウィリアムが持っていた赤ちゃんの写真。
レベッカだと思われていたのですが、どうやら違うようで。
じゃぁ、一体誰でしょう。

─ ケヴィンが思い出します。昔、父ウィリアムからその写真について聞いた事を。
と、言う事で…  ウィリアムの別の隠し子(?)ライアンが浮上。
ノラも知ることになったようでした…
うーん、そういう展開か~、って感じ。またなんかポーンと別の問題が出てきましたね。

あ、キティとロバートは養子を迎える方向のようです。2人でそう決めたのなら、
それで良いですね♪
それと… ソールの、ケヴィン以外へのカミングアウト(笑)
ジャスティンの「今週は、ゲイ週間かよ…」 が、全てを物語っていました(笑)

なんとか柔らかく終わっていってくれて良かったです。
次シーズンも楽しみですね♪


ブラザーズ&シスターズ シーズン1 コレクターズBOX Part2ブラザーズ&シスターズ シーズン1 コレクターズBOX Part2
(2008/11/21)
キャリスタ・フロックハートレイチェル・グリフィス

商品詳細を見る
COMMENT : 8  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]



プロフィール

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。