This Archive : 2006年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2006.08.31 *Thu

HOUSE 第4話

HOUSE』 第4話 “院内感染”

私が覚えている限りではERでも新生児が亡くなってしまうという
話はあんまり無かったように思います。
機械には繋がれるけど、かろうじて命はとりとめた、とかはあるけど。
だってその方が観てるほうは希望が持てます。
あんな、小さい小さい命が消えてしまうのはたまりません。
だから今回、ある意味故意に一人の新生児が亡くなってしまったのには
ショックでした~(泣)

この行為に関してはハウスが正しいとか、間違いとか、そういうのは
よくわかりません…。
─結果、その他の赤ちゃん達が助かったのは事実ですから。
あ~でもやりきれなかった。

エリックとキャメロンがそれぞれの親に治療の説明をするあたりは、
二人の違いが表れてました。
ああいう、一人の医師の価値観などの違いで患者やその家族に与える
影響が微妙に変わる事には複雑な気持ちです。
キャメロンは、あの様子からして過去に何かあった感じ。
ハウスも珍しく気にかけてましたね。

本当に今回は重くて、なんだかとってもモヤモヤしていたんですが、
最後に、ハウスが診察した女性の分娩を手伝う事を決めていたり
それを思って少し微笑んだりしていたハウスの気持ちを考えると
ちょっと救われました…。


House: Season One (3pc) (Ws Sub Ac3 Dol Slim) House: Season One (3pc) (Ws Sub Ac3 Dol Slim)
Hugh Laurie、Lisa Edelstein 他 (2005/08/30)

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト
COMMENT : 8  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.30 *Wed

エイリアス シーズン3 第59話

エイリアス』 シーズン3 第59話 “爆弾魔”

ヴォーンもサークも、まだ(?)死なないだろうと思っていたので、
飛行機の爆破は回避されるハズだと観ていたのですが、やっぱりドキドキ。
CIAに回収された爆弾までカウントダウンが始まっちゃうなんて~!

ワイスの迫真の演技や、わざわざ大掛かりなセットを仕込んでコヴナントを
装ったり(あれって、普通に撮影のセットなんでしょうねぇ~)…
結局そんな事は必要なかったなぁって。最初からジャックに任せれば
良かったんですよ(笑)でも手が込んでて面白かったです( ・∀・)

っていうか、爆弾魔ライアンの狙いがシドに移ったとわかった途端に
猛烈に発揮されるジャックパワーは、いつもながらスゴイです…。

サークって、また拘束されたけど、どうせ逃げるんだろうなぁって思って
いたら、案の定予告で逃亡していた(笑)
ま、ローレンが手を貸したりすれば簡単な事でしょうね。

え~、ところでスローンとバーネットは…、え~っと、そうなりますか…。


Jennifer Garner: Deadly Beauty Jennifer Garner: Deadly Beauty
Maggie Maron (2005/02)
Ibooks
この商品の詳細を見る
COMMENT : 4  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2006.08.29 *Tue

トゥルーコーリング シーズン2 第24話

トゥルーコーリング』 シーズン2 第24話 “運命の力”

どっかで、実はそうであって欲しいと思ってはいたのですが…。
ジャックは苦悩しているようですね。
でも自分は弱いから、トゥルーのようには出来ない─。

今回助けを求められたのはナゼがジャック。
逆バージョンを見る事で、わかったことがありました。
やはり、ジャックはトゥルーが助けを求められた時に連動して
一日をやり直すようだ。
その時に死者のフラッシュバックが見えるから、相手を特定できるようです。
あれだけで?とも思ったけど、長年の経験でコツを掴んだんでしょうね。
うーん、でも助ける側のトゥルーにこそ、その情報必要だと思う…。

それを理解したトゥルーは、なんとか自殺する予定のメーガンを助けようと
ジャックと彼女の間に割って入り、本人に訴えます。お金もあげちゃいます。
功を奏してか、死を選ぶこと事を思いとどまり、生きようとするメーガン。
そんな姿を見てジャックに迷いが出ちゃいます。しかーし、トゥルーパパに
たしなめられ、あれよあれよという間に…。

あんな所に不自然に落ちたリストメモなんてもういいじゃん、と思ったけど、
「取りに行く」と言って、落ちかけるメーガン。
ジャック、そこであなたは手を離すのか、どうか─?!
ひたすら謝り、自分は強くないからと言いつつも、なかなか手を離し
きれない様子にちょっと希望を見出したけど、結局は…。
え~っ?!って感じでした。なんというか、ジャックが自分の意思で
手を離すんじゃなくて、何かの拍子に手を離してしまったって方が、
良かったなぁって。

残念ですがデイビスはもう、キャリーに夢中ね…。


トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス2 トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス2
エリザ・ドゥシュク (2005/08/12)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2006.08.28 *Mon

LOST シーズン2 第32話

LOST』 シーズン2 第32話 “知られざる48日”

前回から一切話が進んでません!が、私は後部座席の人達の墜落後から
今まで何があったのか知りたかったので、今回のエピソードは
興味がありました。

ジャック達のグループに居たイーサンは、今思えばアザーズだった
のでしょう。それと同じでアナ達のグループにもグッドウィンという
アザーズが潜んでいた…。
その事に気付いたアナが何気に二人きりになり、ナイフを自分の手へ
戻してからグッドウィンに追求するあたり、ドキドキしましたね~。
ここで死んだ串刺し状態のグッドウィンを、ジンが見つけたんですね。

こちらのグループでは、いきなりごっそりと連れ去られいたようですね。
アザーズも犠牲を払っていたようです。何を基準に人選しているのか、
あんまりわかりませんが…。とにかく子供は必要みたいです。
でも、クレアは産まれそうな時に戻されたんだよなぁ。まだ狙ってんのかな。
クレアが何か思い出してくれるといいんですがね。

アナは、ちょっと?話し方が威圧的なだけで、ああいう言い方の人だと
思ってしまえば、今回のエピで私はカッコ良くさえ見えてしまいました。
子供に対しての愛情があるし、「5分休憩」と言っても、皆の意見が
正論だと思えば、意固地になるワケでもなく、そこに滞在する事に
してたし、グッドウィンをやっつけて、張りつめていたものが切れて
涙しているとこなど…。
気も強い、腕っぷしも強い、そして頭もキレるし、仲間も大切にする感じ。
ただ、トイレに2時間も費やしたばっかりに?疑われて穴に入れられ、
アザーズに殺されたネイサンは可哀想でしたが…。
ところであの穴はアナが一人で掘ったようですね。すげぇ~。

いくら相手がアザーズとはいえ、いくら正当防衛だったとはいえ、
二人殺してしまった事に対してなのかはわかりませんが、
シャツを脱いで、40日経ってしゃべり出す迄のエコーは恐かった…。

次回、サイードVSアナや、再会する人々が楽しみです。
あ、それとアザーズの持っていたナイフが軍のモノってのも怪しい…。


・クマのぬいぐるみ、あの男の子のなのかな…。
・アナ達が居た場所のダーママーク、私はスワンじゃないって事に
気付かなかったです~(恥)

詳しくはこちら↓
LOSTのヒ・ミ・ツ LOST #207 『知られざる48日』 チェックポイント


LOST SEASON1〈VOL.1〉 LOST SEASON1〈VOL.1〉
ジェフリー リーバー、デイモン リンデロフ 他 (2006/06)
竹書房
この商品の詳細を見る







CATEGORY : LOST
THEME : LOST / GENRE : テレビ・ラジオ
DATE : 2006/08/28 (月) 19:24:14
COMMENT : 11  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2006.08.27 *Sun

The OC 第7話

The OC』 第7話 “逃避行”

やってくれました、ルーク。期待通り!(笑)
他でヤレるから、あんなに辛抱強くマリッサを待っていられたのね。
前回「良かったね、ルーク」と書いてしまった事、撤回です。
ちょっと遊び過ぎじゃい!ヽ(`Д´)ノ

両親の離婚の事もあり、おかげでマリッサ踏んだり蹴ったり…。
お酒と一緒に鎮静剤飲んじゃってフラフラで倒れてしまいます。
マリッサはジミーが大好きみたいですね。
パパの様子が変だから、友達との旅行を断ってパパと居る、なんて
ティーンにしては珍しいです。
だからこそ、離婚に大きなショックを受けてあんな事してしまった…。
次回、ジュリーが出てきてましたが、ライアンはマリッサを支えて
あげられるのか?!

ところでセス。私はセスは“サマー様の言いなり”かと思っていたんですが
意外に普通に悪態つけるようです。っていうか、サマーがあんまりなので。
なかなか面白いやりとりなので微笑ましかったです~( ^▽^)
二人で朝食とるシーンなんか、息の合った?雰囲気(笑)
相変わらずなサマーですが、マリッサへの友情も垣間見れました。
ルークの事はもうオススメしないでしょう…。

ジミー、あなた何キスしてんの?キルスティンより、サンディにもっと
感謝しなさいよ。
私はサンディはジミーに対してアドバイス程度だと思っていたのですが、
ちゃんとサンディは彼を守って法的にばっちり手を打っていたんですね~。
そのスゴ腕を大手の弁護士事務所に見込まれ、誘いがかかります。
あの女の人、名前忘れましたが…、サンディとは面識あるようで
なかなか会話も弾んでます(?)なんだかセスとサマーのやり取りと
似てました。怪しい関係にならなければ良いのですが…。


THE OC season1〈VOL.1〉 THE OC season1〈VOL.1〉
コーリイ マーティン (2006/08)
竹書房
この商品の詳細を見る
COMMENT : 8  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2006.08.26 *Sat

シックス・フィート・アンダー シーズン3 第27話

シックス・フィート・アンダー』 シーズン3 第27話 “真円”

あ~、そうそう、毎回最初は誰かが亡くなるシーンからなんだよね~。
と観ていたら名前が “Nathaniel Samuel Fisher, Jr 1965-2002”
と出てビックリ!(゚ロ゚ノ)ノ
前回までの内容を復習せずに、いきなり観たので…。
え?!ジュニアってネイトの事?そうだった、脳に腫瘍があったんだ!
あ、手術する時に終わったんだった~!え?!でも、死んじゃうの?
なんで?あ、でもこのドラマだったら死んでもあり??
などなど、かなり一人でパニクリながら慌ててました(笑)

相変わらずな独特のシーンを経て、ネイト復活!─ だよねぇ…。
でも、あんな風に自分のその後の人生を何パターンも見れるのって
ちょっと興味あります。本人はあまり覚えてないようですが。

結局、リサと結婚したんですね~。最初に彼女を見た時は、えっらい
変わってる人だと思ったんですが、今は良き妻、良き母親をやってる様子。
ネイトもリサもマヤが可愛くて仕方ない感じですね~。
そしてそれはバァバのルースも…。面倒見が良いのはありがたいですが、
ちょっと干渉気味のようで、リサが距離置こうとしてました。
う~ん、難しい問題ですよ、この手のやつは。

さて、デイヴィッドとキースはカウンセリング中。
私もキースは発砲事件や妹の件から、ちょっと変わったと思いましたが、
あの威圧的な態度は気を許した相手にだからこそ、のようで、少しずつ
デヴィッドとの関係も良い方へ向かっているようです。
まぁ、セックスの相性が良いのなら、まだ大丈夫でしょう…。
それにしてもデイヴィッドがキースに誘われた後の身だしなみチェック?
は長かったなぁ~(笑)オチは予想通りでしたね。

クレアは美大生となり、芸術三昧。そんな中でもまた新たな男性と
出会ってます。良い人だといいのですが…。

ブレンダは出てきませんでした。どこで何をやっているのやら…。


Six Feet Under Six Feet Under
Original TV Soundtrack (2002/03/05)
Universal
この商品の詳細を見る



COMMENT : 8  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2006.08.26 *Sat

BONES 第8話

BONES』 第8話 “冷蔵庫に捨てられた少女”

ブレナン博士の元彼?マイケル登場。しかも彼女の教授だった人。
普通っぽい人もいるんだなぁ?と思いつつ、サラサラとベットインとか
していてビックリでした。ちょっとブレナンが女だった(笑)
恋人というより、同士らしい。私にはよくわからないプラトニックな関係
ですが、そんな二人が裁判で対立することに。

ブレナンは検察側。マイケルは弁護側。
SMプレイヤーの夫婦に殺されてしまったというマギーの為に
ブレナンはがんばるんですがねぇ…。
あんな感じですので陪審員受けが悪いようで。
あの、ブレナンに青い服(ナゼ?)を着ろとか散々言った女性って
何の仕事の人だったっけ?とにかくその人が言うには裁判は陪審員の
心証で決まるらしいので、その事に納得いかないブレナンはちょっと
落ち込むことに…。
だってマイケルはスマートにこなして陪審員受けもグーだから。
確かに心証が大切なのはわかる気もしますが、あの女性の言い方も、
あの陪審員の態度の違いすぎもあんまりです(笑)

結局、グッドマン所長に励まされ(この人良い上司です)、ブースの機転?
や、なによりもブレナン自身が信念を貫き通す事で良い方向へ─。
証言中にブレナンに対して偏った言及をしたマイケルにはブレナンも私も
がっかり。更にブースがブレナンの私生活を明かさせたのにもちょっと…。
どちらも勝ちの為でしょうが、ま、どっちもどっちだね。

唯一の同士と「もう会わない…」と言っていたブレナンが印象的でした。

ブレナンが自分の教授とお付き合いしていた事を知ったザックが、熱心に
アピールするんだけど、皆から「有り得ない」と全否定(笑)

マイケルが研究所で鑑定する様子を、しっかりビデオしているジャックと
ザックにブースが(*^ー゚)b そして二人も(*^ー゚)b (笑)

ブースはちゃんとブレナンの事わかってる風ですね~。
ブレナンもブースの言う事は一応聞くようですし。良い感じですね。


既死感〈上〉 既死感〈上〉
キャスリーン レイクス (2001/01)
角川書店
この商品の詳細を見る

COMMENT : 11  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2006.08.24 *Thu

HOUSE 第3話

HOUSE』 第3話 “多すぎた病名”

サブタイトル通り、あらゆる症状が出ている青年。
とうとう無菌室に入ることになってしまう…。

ハウスチームは、あーでもない、こーでもないと病原を探ります。
結局、一番最初の症状が咳だった事からハウスは咳止めの薬に目をつけ
実はその薬は誤って痛風の薬が処方されていたということに。

う~ん、その痛風の薬は痛風以外の人が服用したら、誰でもあんな状態に
なってしまうのかなぁ。それだったら恐いなぁ。
間違えやすいので… じゃ済まされないですよ。
あの青年の母親が与えていたのも、結局咳止めではなかったみたいですが、
最後にハウスが見付けていたのは、あれは自分の病院で?
どこの薬局でもあり得るって事?ダメじゃん。
しかし、その誤って出されたであろう薬まで考えがいく所はさすがです。

興味のある症例だと、解明するまで一生懸命お仕事するハウスですが、
相変わらず外来の診察はゲーム機持参で。そしてちゃんとカッディに
嫌がらせもしています(笑)
カッディもウィルソンもハウスには手を焼いているようですが、何気に
扱い方もわかっている感じですね。

前回、すぐに訴訟を起こす人だとわかったり、今回は保険がきくうちに
いろいろやっとこうっていう人とか、痔(だったんですよね?)だと
わかったりとか…。あの洞察力はスゴイなって思います。
ちなみにハウスがやたらと服用しているのは、ヴァイコディン(麻酔作用を
持ち、依存性が高い)だそうです。
痛むのは足なのでしょうが、ほぼ中毒っぽいですね~。

ハウスチームの女性(名前ド忘れ)がセックスで体がどうなるかというのを
医学的?に説明した様子になんだか圧倒されました(笑)
彼女は性行為を嫌っている感じですが、何か理由あっての事かな。

あ~、私、一回目からハウスが阿部ちゃんとタブります~。似てません?
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2006.08.23 *Wed

エイリアス シーズン3 第58話

エイリアス』 シーズン3 第58話 “裏切り者”

スローンの秘密とやらが明らかになりました。
シーズン2の最終話、飛行機の中でスローンとイリーナがそれらしい事を
話していたので、なんとなく予想はしてましたが…。
その時は「え~っ?!」とか思ってたけど、今となっては
「で?なんで今それなの?」といった感じにトーンダウン(笑)

墓場まで持っていくつもりだったなら、そうして下さいよ、スローン。
「確かめたわけじいゃないが、シドニーの強さを見ていると─」って、
ジャックだって強いやいっ!ヽ(`Д´)ノ
そうなってくると、いずれシドとジャックも知る事になるんでしょうが、
あの二人の今の関係だと、動揺はあっても、今までの絆で大丈夫な感じ。
じゃないとイヤです。すごく良い関係になっているので。

それにしても、ローレンは色んな意味で全開ですね~。
CIAの情報を漏らすだけでなく、自分でコヴナントの任務に参加しまくって
ますから、すごい女です~(;゚д゚)
勢いあまってテンション上がってサークにガッツリ…。
あれじゃサークは骨抜きにされちゃいますよ。

ローレン(とは知らない)を追い詰めて銃を突きつけたヴォーンに対して
サークがシドを人質にとり─
「愛しているなら 銃を捨てろ!」
え~?何それ、なんでその理由で?みたいな。
そんないくらローレンに対してでも、おかしくないかい?
ちょっと笑ってしまったです。で、ヴォーン銃捨てるし。
ローレンショックそうだし…(目だけ)

マーシャル、お疲れ様です!彼ほど詳しい人は他にいないのかな。
一人で大変そうだ。っていうか、早速親バカ全開ですね~。

スローンとの食事にやって来たバーネットは、胸元が開いた服を着ていた
のですが、どうもバストの形が気になったです…。

そういえば、今回は途中で巻き戻してしまったのかと思いました。
シド&ヴォーンバージョンとローレン&サークバージョンって感じの
作りだったんですね~。


ALIASエイリアス〈VOL.1〉 ALIASエイリアス〈VOL.1〉
J.J. エイブラムス、山下 慧 他 (2006/07)
竹書房
この商品の詳細を見る


COMMENT : 9  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.23 *Wed

海外ドラマ検定

海外ドラマ検定

最近皆様の記事に浸透しつつある「海外ドラマ検定」を、
やっと受けてみました!
古いドラマもある~など読んでいると、私なんかERくらいしかないので、
すごくドキドキしてたんですね。なのでなかなか踏ん切りがつかなくて。
でも、すっごく気になるので(笑)えーいっ、やってやろうじゃないか!
って感じでやってやりましたよ…。

結果↓

67点でしたぁ~っ!(微妙)

あなたは「海外ドラマの玄人クラス」

海外ドラマはよく見るけど、細かいことは覚えていない。
そんなところでしょうか。いいんです、今のままで。
これからも海外ドラマをご覧ください。そして、周囲の人たちに
海外ドラマの楽しさを伝えてあげましょう。
みんなの人気者になること間違いなし!
あなたは1950年代から70年代のドラマに強いタイプです。
若い人たちに往年の名ドラマを教えてあげてください。
きっと話が弾むはずです。
あなたはミステリー/サスペンスものに最も興味があります。
最近でしたら『HOUSE』がオススメです。

平均値はやっと超えたみたいで、とりあえず良かったです。
でも、勘で当たったものとかがあるので
「1950年代から70年代のドラマに強いタイプ」と書かれて
イマイチ微妙…(ノ´∀`*)

っていうか、『HOUSE』はミステリー/サスペンスものなんだぁ…?

まだの方はぜひお試しあれ!→ 海外ドラマ検定



COMMENT : 9  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.22 *Tue

トゥルーコーリング シーズン2 第23話

トゥルーコーリング』 シーズン2 第23話 “闇の中で”

うーん…。なんかイマイチなのは私だけ?
「ジャックの妨害に負けずに、トゥルーは助ける事ができるのか?!」
っていう感じの面白さがあんまりないです。
事件が複雑な時とかの「へぇ~」っていうのはあるんですが、
ジャックとの絡みがなぁ…。

たぶんね~、あのジャックのやり口が好きじゃないのもあるかな(笑)
なんかこう、一言(どころじゃない)多いっていうか。
それでトゥルーらをかく乱させてるんでしょうが…。
今回について言えば、わざわざトゥルーにあそこでカードを使って
自分の筆跡を見せたところとか。
たぶん、時すでに遅しって頃に気付くのを読んでいるんだよね。
で、わざとトゥルーの目の前で死なすって感じ。
ハリソンを協力させないよう、競馬に引き込むとか。
賢いと言えば、賢いのよ、うん。
でも、もっとこう、スマート?にできないのかなぁ。まぁいいや。

そんな大変な最中に今回はデイビスと仲間割れ。キャリーが絡んだからね。デイビスがキャリーと良い感じになれたのは、ジャックのお陰といっても
いいんじゃないの?と思いながらも、良かったね~ジャックって感じで
観ていたら…。最後、「なんじゃそりゃーっ!」
はぁ~、彼女何者??

なんにしても、やはりトゥルーに助けを求める人を最初っからジャックが
全てわかっているのがネックですね。
トゥルーも疑問に思っているようですが。キャリー関係あるのかな?

あ~、あと3話しかないのぉ…?


トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス1 トゥルー・コーリング DVDコレクターズ・ボックス1
エリザ・ドゥシュク (2005/07/29)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2006.08.21 *Mon

LOST シーズン2 第31話

LOST』 シーズン2 第31話 “さまよう者”

最後、銃声が聞こえてきた時に、「まさか…?!」と思ったのですが─
まさか、でしたねぇ~。そうかぁ、そうなるかぁ…。
サイード、めっちゃアナにメンチきってましたが、これからの関係が
見もの?です。

わざわざウォルトが静かに~ってやってるのに、ワーワー言いながら
追いかけていったシャノンも悪い。
次回で明らかになるようですが、アナ達もアザーズに散々な目にあっている
ようなんで、彼女も必死だったのでしょう。
なぜかウォルトがシャノンを選んだので仕方ないです…。

ブーンが亡くなった時もそうでしたが、サイードとシャノンが良い感じの
夜を過ごす時は悪い事が起きるようだ。もう、それもないけどね。

そのシャノンのフラッシュバック。彼女はきっと父親に溺愛されて、
めちゃくちゃ甘やかされて育ってきたんでしょうねぇ。
愛し方とお金の使い方は気をつけないといけません…。
そんな彼女もこの島に来てからは少しずつ良いほうへ変わっていっていた
ので、せっかくサイードに愛してもらい、信じてもらい始めた矢先に
あんな最後とは…。可哀想に思いました。

ところでチャーリー。クレアと子供の事で痴話喧嘩していた様子は本当に
なんちゃって夫婦みたいで、クスって感じだったんだけど、
ロックと話している時にクレアの子育てについて言及し始めたのには
「お前、何様じゃ~いっ!」みたいな。
まぁ、ちゃんとロックが言ってくれましたが…。
マリア像の事、ロックが知ってくれて良かったですよ。

とうとうダウンしてしまった、減らず口のソーヤー。
回復したら、ちゃんと皆にお礼を言いなさいよ!って感じです。
そういえば、シンディはどうなったのだろう。やはり連れ去られたのかなぁ。

・病院に駆けつけたシャノンと継母の後ろをサラリとジャック。
・フラッシュバックのシャノンが「これからは毎日“16”時間働く~」
・ウォルトが何を言っているのか、逆回転の音声でわかるそうですよ。
詳しくはこちらをどうぞ。
 『LOSTのヒ・ミ・ツ LOST #206 『さまよう者』 チェックポイント
LOSTのエピソード、小ネタ満載で、とても楽しいブログです。
この先の事も詳しく載っていますが、私は復習専用で読ませてもらってます。


Lost: Complete Second Season (7pc) Lost: Complete Second Season (7pc)
Adewale Akinnuoye-Agbaje、Naveen Andrews 他 (2006/09/05)

この商品の詳細を見る
CATEGORY : LOST
THEME : LOST / GENRE : テレビ・ラジオ
DATE : 2006/08/21 (月) 17:04:07
COMMENT : 14  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2006.08.20 *Sun

The OC 第6話

The OC』 第6話 “ガールフレンド”

ベタというか、お約束というか…、あらあら大変─
そういう展開になりました、ライアンとマリッサ。

マリッサ、はっきりしない態度だったんでそりゃ仕方無いよ。
ライアン、ガブリエルに誘われたらそりゃ仕方無いよ。
ルーク、あなた今回は突然良いヤツだったね。おめでとう。
それにしても、ルークがマリッサに「今日は…?」って聞くとこなんか、
いっつもここまでやっといて、おあずけだったのかと思うとさすがに
良かったねぇと言ってあげたくなります(笑)ほんとにしちゃったよね?

そしてなんと言ってもセス~!(≧V≦)ノ
あなた本当に何年も前からサマーオンリーだったのねぇ…。
さすがのサマーも詩を覚えていたセスに感動したようで、チュウして
くれました。で、一人でまた男性へ声を掛けに…(笑)
ま、そんな事はもうセスはどうでもいい程舞い上がっちゃったね。

キルスティンは、父親に対してずーっと尽くし続けていたんですね。
そういう愛し方だったんでしょう。サンディのお陰でなんとか良い関係に
戻れたようで良かったです。しかし本当に良い旦那様だね~、サンディ。

さて、ジュリーはジミーに離婚を切り出しちゃった。
そして、キルスティンパパのケイレブにうまく取り入った感じ。
やりますね、ジュリー。彼女も必死なのでしょう。
逆にケイレブにも見放されたジミーは、これから一体どうするのでしょう。
もうちょい、しっかりしなさい!って感じです…。


Oc: Complete Seasons 1&2 (14pc) (Sub) Oc: Complete Seasons 1&2 (14pc) (Sub)
Peter Gallagher、Kelly Rowan 他 (2005/08/23)

この商品の詳細を見る


COMMENT : 6  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2006.08.19 *Sat

BONES 第7話

BONES』 第7話 “32時間の命”

残り短い時間で死刑囚を救え!って感じの話は、実は冤罪だったと、
助かって良かったと、そうなる結末が当たり前だと思っていたのは
もう昔の話だな~って思いました。ザ・プラクティスなんかも観て。
だから、今回の結末はどうなるのかな、と。

ミニスカの髪の毛フワフワの弁護士エイミーは、死刑反対派なところも含め
エップスにうまく利用されちゃったんだね。結局。
その上彼は、ブースに行けばブレナンも動くだろうってとこまで計算済み。
そして死刑は延期へ…。
ブレナンがヤッてくれたので、少しは気が紛れましたけど。

それにしてもブレナン博士らが、ちょっと本気で調べ始めるだけで
出てくる出てくる新事実!なんなのよ、それ、って感じ。
研究所の彼らがスゴすぎるってこと?それにしてもFBIはあんまりだ(ノД`)
ザックは本職関係無いところで大活躍(笑)ちょっとLOSTっぽかったね。

ブースって弁護士好きなのね~?
エイミーにブースとの関係をふられた時のブレナンは、普通に否定している
つもりなんだろうけど、明らかに必死な姿に見えて、変な感じ(・∀・)
まぁ、本当に付き合ってないし、寝てないんだけどさ…。

セックスをしに週末の夜に出かけたアンジェラですが、出戻り。
しかもチャットでゲットしたお相手の男性を連れて。でも誰も興味示さない
んだよねー(笑)ジャックは蛆虫見せようとするし…。
でも、その男がアンジェラの本当のお仕事を知って言った言葉には
腹が立ちました。そこまで言う??(゚Д゚#)
まぁ、アンジェラも全然お遊びだったのでしょうが、悲しいよね~。
その姿をジャックが皆より長めに見つめていたのが、ちょっと良かった。

最後のブレナンとブースのシーンは良かったですね。
あのレストランのオーナーの出した料理、ブレナンには四川風で、
ブースにはアップルパイ??う~ん、奥深いです…。

ブレナンは、銃を携帯できないようで…。
携帯したい理由「撃つため」  もうわかったから…(笑)


死の序列 死の序列
キャスリーン レイクス (2000/05)
角川書店
この商品の詳細を見る



COMMENT : 12  TRACKBACK : 4  [EDIT] [TOP]

2006.08.17 *Thu

HOUSE 第1・2話

HOUSE』 第1・2話 “診察嫌い”

伝染病専門医であり、優秀な診断医(らしいです)グレゴリー・ハウス医師が
他の医師たちが解決できない内科患者を救う為、若い医療の専門家たち
による優秀なチームを結成。そんなお話です(←簡潔すぎ!)
このハウスが、めちゃくちゃクセのある人なので、面白くなってます。
だから、患者を救う為ってよりは、その病気を解明したい!という感じ。
サブタイトル通り、診察嫌いな医師だから、患者ともほぼ関わらない。
それでどうやって診察できるの?と思いきや、その為に若く優秀な部下達が
いるのも一つあるようです。

脳に虫がいた女性。寄生虫みたいなやつ?怖いよ~。
乳幼児の頃から体に麻疹ウィルス?みたいなのを何年間も保有し続け、
危なかった若者。

どちらも最初は、全く原因不明でお手上げ状態にまでなるんですが、
試行錯誤しながら病原を突き止めて行くまでの過程が、なかなか面白く
引き込まれます。
すんごい医療器具を使うとか、すんごい技術を使うとかではなく、地味に
一つ一つ調べていくあたりが好きです。
そうそう、ほぼハウスのひらめきと勘でね(笑)だから天才!

ハウスの無愛想ながらも言ってる事に一理あるって感じも良いな。
メイン以外の患者とのやりとりも面白いし。
彼は足の件もあるので、いろいろと複雑なようです…。

私は医療ドラマは好きで、もちろんERも大好きですが、このドラマは
また違う観点からのストーリーなので医療用語の難しさなど気にせずに
楽しめそうです♪

そういえばカッディはアリーmyラブでバイセクシャルな役で出てましたね。

今回を観て思ったこと。
ハムは湯通ししてから食べよう…。
子供の予防接種、とりあえずちゃんとしてて良かった…。




↑イメージだけです。


COMMENT : 15  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2006.08.16 *Wed

エイリアス シーズン3 第57話

エイリアス』 シーズン3 第57話 “処刑システム”

いやいやいやいや…… ローレン、たいした女ですねぇ~。
なんだか今回は違う人みたいでした。あれが裏ローレン?っていうか、
あっちが本当の姿? ふぅ~怖い怖い…。

ローレンの立場を、ちょっと良い方に考えようとしてたんですが、
やはり、単なるコヴナントのスパイなんかなぁ。
ぶっちゃけ、ヴォーンの事はどう思ってるんでしょうねぇ。
まぁ、女としてのプライドもあるだろうな。シドに対しても。
ヴォーンとシドに関する写真?みたいなものを受取っていましたが、
あれって、キス現場なのかな?いやでも、まさか北朝鮮で写真撮られてる
ワケないよなぁ~。監視カメラに映ってたとか…。
サークの事も実は知ってたようで、サークがビックリ。
ちょっと惚れたようだし(笑)やっぱアリソン死んだの??

ところで、マーシャル!
頼むからそんな大事な任務中に突然結婚しないで!(笑)
ま、こっちも大事なんだけどね。っていうか、哺乳類なんとかって何??
とにかく、おめでとう!!( ^▽^)♪

スローンは何を一体そこまで悩んでるのでしょう?
別にヤツの悩みなんてどうでもいいんですが、
ジャックとシドに関する秘密があるのなら、私も聞いておきたいわ。


Alias: Season Two [Original Television Soundtrack] Alias: Season Two [Original Television Soundtrack]
Jeffrey [J.J.] Abrams、 他 (2004/11/16)
Varese Sarabande
この商品の詳細を見る



COMMENT : 4  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2006.08.15 *Tue

LOST シーズン2 第30話

LOST』 シーズン2 第30話 “探しもの”

指輪、ビンを埋めた所だと絶対に思っていたぞっ( ̄^ ̄)!

今回も淡々と話が流れました…。
フラッシュバックはジンとサン。あ~、漁師の息子だから魚を獲るの上手
なのね。それにしてもジンはとても良い人だなぁと、つくづく思いました。
それなのに、サンが逃げたくなる程、彼が変わってしまったのはサンパパの
せいなんだよねぇ。まぁ、少しは本人も問題あるでしょうが。
そういう状況で飛行機が墜落したけれども、今ではすっかり元サヤみたいで
お互いに強く想い合っているみたい。早く会えるとイイですね~。
ちなみに占いの「オレンジ」って結局オレンジジュースの事??

もう一つ、ジンがイイ奴だと思ったのは、マイケルを探しに行こうとした所。
ここでは頑として自分の意見を主張していたので、「おぉ~」みたいな。
そしてミスター・エコー。う~ん、すごく頼もしい感じです!(゚∀゚)ノ
それに比べて…ソーヤーは微妙な態度でちょっと(´・ω・`)ガッカリ・・・。
まぁ彼なりに体もあんなだし、シンドイんでしょうが。
それに、何気にアナに対するコツを掴んだようで…。

例のアザーズ、足が映りましたねぇ。後部座席の人達は病気ではなく、
彼らにやられて激減したような感じ。でもウォルトは生きてるでしょうね。

意外にも、ケイトはソーヤーを想っていた…?!


「LOST」クロニクル 「LOST」クロニクル
大城 光子、マーク・コッタ・ヴァズ 他 (2006/07)
竹書房
この商品の詳細を見る




COMMENT : 10  TRACKBACK : 5  [EDIT] [TOP]

2006.08.15 *Tue

トゥルーコーリング シーズン2 第22話

トゥルーコーリング』 シーズン2 第22話 “ギミック”

トゥルーを刑務所に入れるという発想は考えたね、ジャック。
色々と突っ込みどころはあるとして…。

今回のように、助ける人について調べるだけ調べて、(申し訳ないけど)
もう一度亡くなった時に再度助けを求められた方が、楽なんじゃない?
とも思いますが、トゥルーらには本意じゃないんでしょうね。
二度目は無いかもしれないし。

やっぱりわからないのがジャックの一日のやり直し方。
トゥルーに連動されてるのはわかるんだけど、一緒に働いていた時は
ともかく、トゥルーと離れていても誰がターゲットになっているか
わかるんだねぇ。不思議。そうなるようになってんのかね。
って事は、ある意味デイビスとトゥルーパパの戦いにもなってるような。
サポーター同士だし。あ、ハリソンも居た(笑)

ハリソンは今回自分の経験が生かされて、トゥルーを助けていました。
あまり経験しなくて良い事ばっかりでしたが、まぁいいや( ・∀・)

トゥルーが警察に追われる羽目になった時、弁護士のパパは敵なので、
もちろん助けてくれなかったけど、トゥルー姉も弁護士じゃなかった?
リンジーと一緒で、もう完全にフェイドアウト?

今まで字幕で視聴していたのですが、シーズン2から録画時間を変えたので
いきなり吹替を観ています。なのですごくギャップが…。
やはり、海外ドラマを観るときは統一しないといけませんねぇ。
デイビスがルカ・コバッチュの声だったので、イメージがヘンな感じに…。


Tru Calling: Season 1 (6pc) (Ws Dub Sub Dol Sen) Tru Calling: Season 1 (6pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)
Eliza Dushku、Shawn Reaves 他 (2004/11/30)

この商品の詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2006.08.13 *Sun

The OC 第5話

The OC』 第5話 “アウトサイダー”

今回は、なんというか「もぉ~セスぅ~」って感じでした。
セスはライアンが大好きなんでしょうねぇ。もうほぼ依存症です。

ライアンは自分なりにきちんと考えて始めたバイト先で出身地の近い友人ができるんですが…。こいつが、いわゆるワルい感じで。
ライアンはこういうタイプに慣れているから良いんですが、セスがねー。
ライアンの友達は僕の友達なのか、世間知らずのお坊ちゃまなのか─
とにかく何もわかんないのについて行ったり、連れて来てみたりで大変。
ライアンがあんなに注意しても、事が起こってから反省する始末。
まぁさすがにもう懲りたでしょうが、あんまり憎めないタイプだね、セス。

そんな中、なんとか束の間のデートを楽しんだライアンとマリッサ。
プールでじゃれてるとこなんか、眩しかった…(〃▽〃)
でも結局セスのせいで、ややこしい事になり、ルークの見舞いに来る彼女。
何も悪くないライアンに対しても、なんとなくヘンな空気に。
ライアンはものすごーく、自分の責任を感じているようですが、あなた
全然悪くないと思うよ~。ま、そんな所がイイんだけど( ^∀^)

セレブ奥様方はセレブな旅行中。ジミーもジミーだけど、やたら被害者ぶる
ジュリーにキレるキルスティン。わかるよ、うん。でも、お金に執着する
ジュリーの気持ちは、キルスティンにはわからないってのも、わかる。
さて、ジュリーは旦那にどう返事するのでしょうねぇ。
家が無くなったら、マリッサもお隣じゃなくなるワケで…。

セスの車があんな事になってしまい、
サンディは「一体どうしてこんな事になってしまうんだ?」と、あまり
深く追求せず。
キルスティンは「どうしたの?車」と聞いたぐらいで、あとはサンディと
良い雰囲気に…
って、おい! セレブは違うわねぇ~(*´∀`)


Music from The O.C.: Mix 4 Music from The O.C.: Mix 4
Various Artists (2005/04/11)
Wea/Warner
この商品の詳細を見る



COMMENT : 9  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2006.08.12 *Sat

BONES 第6話

BONES』 第6話 “壁の中の逃走”

金曜日の夜、半ば無理やりにアンジェラに誘われてブレナン博士はクラブへ。
でも、結構ブレナン博士もまんざらじゃない感じで、ラップの曲を気に入り
踊ろうとしますが…。どういう流れでそうなったか、ブレナン博士の
“民族”的発言が周囲の黒人の方々の癇に障ることとなり、バタバタして
「女のくせに」と掴み掛かった黒人男性にブレナン博士は蹴りをお見舞い。
勢いでぶっ飛んで壁が壊れて…ミイラが出てきたよ~
ってとこから事件が始まります。えーっ!(゚ロ゚ノ)ノって感じ。

それにしても、いくら一緒に食事していたからって現場に彼女連れてくる?
外で待たせるならともかく。ミイラ発見は知らなかったのかしら。
バカンス旅行はドタキャンされるし、ラブラブなのかなんなのか…。
やっぱ恋愛博士?アンジェラの第6ステージにビビったのかな、彼女。

犯人はオーナーでしたが、どこでもそうだけど、やっぱ金がある所は
黒い部分があるんだねぇ。なんでもアリな感じなので、殺しもアリ。
相変わらず犯人に行き着くまでは、ブースの勘だけでは無理なんで
ちゃんとブレナン博士が冷静にサポート?しつつ…でした。
ブースって、一人で捜査する時ちゃんと犯人捕まえているのか心配(笑)

ブースがジャックに事件を推理させ、それにノッてやってるジャックとか
クスリを吸っちゃってハイになってるブレナン博士が、いつも以上に
ミイラにうっとり…( ;∀;) とか、なかなか良かったです。

最後のシーンを観て、ブースはやっぱ色々とストレスがあるんだなぁと。
っていうか、バカンスを楽しんだら帰りたくなくなるって思うのは普通です。
単純に、一人でそう思うより、二人で居た方がいいものね。
ブレナン博士はそうでもないようで…。なにしろ“博物館”の人だからね~。

そういえば、あの死体を発見しちゃうというスゴい犬!!迫力あったなぁ。

既死感〈下〉 既死感〈下〉
キャスリーン レイクス (1998/11)
角川書店
この商品の詳細を見る


COMMENT : 10  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.10 *Thu

エイリアス シーズン3 第56話

エイリアス』 シーズン3 第56話 “北からの脱出”

冒頭シーンには少し驚かされました。
と、いっても、ヴォーンはともかく(?)シドが死ぬ事は無いと思っている
ので射殺されそうなシーンではなく、ディープなチュウをしてたとこ。
まぁ、後々わかるんだけど。
いいのかなぁ~、ヴォーンはあんな事言っちゃって。
もうすぐ死ぬんだと思って、思わず本音トークしちゃったんだろうけど…。
結局ヴォーンは、まだシドを愛しているのね(ノ´∀`*)
じゃぁ、結婚するなよ…。

ローレンはコヴナントの配下みたいですが、スローンは知ってるのかな?
あんな風に内部情報を漏らしていたら、いずれバレるでしょうねぇ。
過去のイリーナやシドみたいな感じなんでしょうか。うーん…。

イリーナといえば、久しぶりに会えると思いきや、姉かいっ!みたいな。
あの含みを持った表情とか、余裕さとか、箸で刺したりするとこなんか、
なかなか姉妹っぽくていいじゃな~い。
お箸のシーンにはビックリしたです(゚Д゚;) あんなとこ刺したら痛いよぉ~。

ジャックがエカテリーナに二度目のキスをされた後、お口あんぐりしたまま
彼女を見送ってました。シドパパのあんなマヌケ顔、初めてみたよ(´▽`*)


Uncovering Alias: An Unofficial Guide Uncovering Alias: An Unofficial Guide
Nikki Stafford、Robyn Burnett 他 (2004/10/28)
E C W Pr
この商品の詳細を見る

COMMENT : 6  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2006.08.09 *Wed

トゥルーコーリング シーズン2

トゥルーコーリング』 シーズン2 第21話 “ホワイトスコール”

まず、思ったのは…。
なんかイライラしました~ヽ(´Д`;) 面白くないワケじゃないけど、
すごいストレス溜まる…(笑)
トゥルーが勝っても、なーんかモヤモヤするんですよねー。なんだろ?

すごく面倒くさいのは、助ける人が亡くなるハズの時間を過ぎれば、
もう大丈夫っていうのではなく、その日一日安心できないって事。
じゃあ朝助けることが出来ても、その夜までジャックから守らないと
いけないじゃない。すごーく疲れる…。

それに、トゥルーは助ける人からほぼ疎まれる(笑)可哀想ですよ~。
今回だって、あれだけ嫌がれながら、荒れ狂う海にボート出してやっと
救ったのに。あれはちょっとスゴすぎると思ったけど。

とにかくジャックのおかげで更に大変になってます。
そんな中、デイビスはナイスサポートでしたね~。髪切った?
精神鑑定テスト、良い結果に終わって一安心( ^▽^)

ジャックは、死なそうとしている人がとても良い人で、あれだけ親密に
なっても、情はわかないのかしら。ちょっと苦悩が見えるかと思ったけど
一切関係無いみたいね。お仕事ですもんね。

ハリソン、結局パパの元で働くことになったけど、どうかヘンな洗脳を
されたり、まさか父親の能力を受け継いでいたりしませんように( >Д<;)


Tru Calling: Season 2 (2pc) (Ws Dub Sub Dol Sen) Tru Calling: Season 2 (2pc) (Ws Dub Sub Dol Sen)
Eliza Dushku、Shawn Reaves 他 (2005/11/15)

この商品の詳細を見る



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2006.08.07 *Mon

LOST シーズン2 第29話

LOST』 シーズン2 第29話 “憂鬱な仕事”

ハッチの食料庫の管理を任されたハーリーですが…。
最初のシーンでは「やっぱり?!」みたいな感じだったけど、夢だった(笑)
食料の管理なんて、ハーリーには嬉しくてたまらない事かと思っていたら、
意外にちゃんと考え悩んでいたんだなぁって。
その理由は今回のフラッシュバックでわかるんですが。

巨額な宝くじに当たったせいで、あの親友とはダメになってしまった様子。
まぁ、ああいう事が起こると、周りの態度が色んな意味で変わるようですが
当たった本人も性格変わるって聞きます。
でも、ハーリーはそうなる事もなく(数字の怖さを知っていくからかな)
一人でずっと、辛い思いを経験してきたんだな~。
そしてそれは今も変わってないようですが…(;・∀・)

一時は食料庫ごと爆破しようとしたハーリーですが、結局はもうとっとと
皆に配って早く無くしてしまうのが一番だと考えたようで。
そうだね、それが一番イイかもね、うん。
最後は久しぶりに皆さん良い顔をしていましたねぇ(*´∀`)♪

そんな彼らとは逆に、後部座席の人達は生存者激減?!
あれはやはり例の病気なのかな??
ソーヤーは、今回も殴られたね…∵(´ε(○=(゚∀゚ )
アナって腕も気も強いっ!独裁的なリーダーだなぁ。こわい…。

え~、よくよく考えれば、何年も前から島に居るルソーが言うアザーズと
後部座席の人達とは時期が合わないし、ウォルトもいなかったので
やっぱりアザーズって他に居るんでしょうね。

ちなみに、夢で食料を食べまくるハーリーが手に持つ牛乳パックに
ウォルトの広告が載っていたらしいですが、全く気付かなかったよ。
まだまだですね…。


Lost 2007 Calendar Lost 2007 Calendar
Andrews McMeel Publishing (2006/10/30)
Andrews Mcmeel Pub (Cal)
この商品の詳細を見る
CATEGORY : LOST
THEME : LOST / GENRE : テレビ・ラジオ
DATE : 2006/08/07 (月) 17:05:07
COMMENT : 16  TRACKBACK : 5  [EDIT] [TOP]

2006.08.06 *Sun

The OC 第4話

The OC』 第4話 “デビュタント”

ニューポートでは年に一度、若者が社交界デビューを果たすパーティー
みたいな、舞踏会みたいなのが開催されるらしい…。
全く意味は違うけど、海外ドラマを観ているとよく学園祭の流れなんかで
「プラム」ってのがあります。プラムに誰を誘おうだの、誘われただの─
思春期にとってはすっごくワクワクするイベントだなぁ~と。
日本じゃ、まずダンスをしないものね…。
若いうちにドレスを着る事も少ないしなぁ~。

で、その舞踏会に出席する事になったライアン。
正式にコーエン家になったライアンは揉め事を起こさないように、
というか、ルークを避ける為に出席したくない感じ…。

マリッサねぇ~、あなたルークとより戻したワリにはライアンを狙っている
サマーに対して、わざとパートナーにさせなかったり(セスにはラッキー)
ライアンにダンス教えてる時に、背中に手を回されただけで、めちゃめちゃ
キュンとしちゃったり、結局「ライアンと一緒なら行くわ」って感じで
舞踏会に二人で行ったり…、全然ダメじゃん(笑)
っていうか、背中に手を当てた時に、ライアンもあんなにしっとりと腰まで
動かさなくても…(〃▽〃)

そして、ルーク!
あんた嫉妬しすぎ!そしてすぐ手を出しすぎ!
まぁね、それほどマリッサが好きなんだろうけど。彼女の態度も微妙だしね。一番迷惑なのはライアンですよ。

なんだかんだでサマーと踊れなくなったセスですが、なんとアンナという
素晴らしく趣味の合う子が現れたじゃな~い( ^∀^)
ヨットで旅に出ようと思ってるなんて、もう極めつけじゃないですか。
もう、アンナにしときな…って思います。
だってサマー、セスの事めっちゃウザそうな態度だもの…。

マリッサパパのジミーは、結構ヤバいとこまできてますね。
ルークと別れた(?)し、父親はあんなだし、マリッサどうする??


Music from The O.C.: Mix 5 Music from The O.C.: Mix 5
Original Soundtrack (2005/11/08)
Warner Bros.
この商品の詳細を見る
COMMENT : 8  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.05 *Sat

トゥルーコーリング 第20話

トゥルーコーリング』 第20話 “最愛の人”

すっごい後味悪い終わり方でした…∑(゚д゚lll)
なんで?!なんでルークは help me しないのよ~。
ジャックの言うように、死ぬべき人が死なない場合の代わりだから?

私はジャックの言い分、わからないでもありません。なんとなく。
でもだからって、故意に別の人を死なせるなんて…
あんたは何様じゃ~っ!(゚Д゚#) と、思います。

もう最悪。ルーク死んじゃうなんて。しかも死に際に「愛してる」
なんて言われてしまったトゥルーなんか、どんだけツライか…。

ジャックの出現で忘れかけていた怪しいトゥルーパパ。
あんたもジャックと同類なわけね。っていうか、トゥルーママと結婚
したのって、計画的?それとも後で知ったのかなぁ。
どっちにしたって、ワルい奴だ…。

こうなってくると、もっとトゥルーの味方が欲しいな~。
デイビスはともかく、アリソンは微妙だし…。
あ、リンジーは結婚決めたんですねぇ。ふーん。

一日をやり直す前、ハリソンが病院に運ばれた時、トゥルー姉は居なかった
ですねぇ~。なんで??


トゥルー・コーリング〈VOL.6〉 トゥルー・コーリング〈VOL.6〉
ジョン・ハーモン フェルドマン (2005/09)
竹書房
この商品の詳細を見る
COMMENT : 4  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2006.08.05 *Sat

BONES 第5話

BONES』 第5話 “小さな死体”

観てるだけでも子供のああいう悲惨な死体はツライものがあるのに、
それを間近で見て、触って、いろいろと調べていくとなると、
本当に参るだろうなと思いました…( >Д<;)
しかも単なる事故死ではなく、調べていくにつれて、性的虐待の上に
殺されたという悲しい事がわかっていく。

普段、あの研究所のメンバーは軽口たたきながらの作業だけど、今回
ばかりは皆テンション下がりっぱなし。やはり人間だものね…。

アンジェラが、この仕事に対して、もう限界な様子。
ほぼ骨だけの状態から、あそこまでスケッチしてしまうのをスゴイと思って
観ていたけど、やっぱ本人はツライんだなぁ。
けど、最後らへんで、グッドマン所長が
「君の仕事は自分たちに人間の命の大切さを忘れさせない」
みたいな、なんだかとっても良い事を言ってくれたので思わず抱きつく
アンジェラ。ほんと、そうだと思います。がんばって!

ジャック・ホッジンズって資産家だったんだね~。すごい一族みたいです。
あれだけパーティーに行くのを拒むのは、好きな仕事を続けたいからみたい
ですが、一族の方々は知らないのね…。
カーターの場合は、とりあえず知られてたよな(笑)
その事情を知ったアンジェラやブースが、さりげなくフォローしたのが
なかなか良かったです。

そしてブレナン博士。里子だったんですね…。
最初から、里子のフレーズにすごく突っかかってましたもんね。
経験者であるがゆえに、誰よりもあの子供に近づけたんだなぁと。
犯人も逮捕でき、あの兄弟も再びマーガレットと暮らす事ができて
本当に良かったです。

なんだか今回はブースとブレナン博士のやりとりが親密になったように
感じました。お互いを理解した上で思いやって話してる感じ。

あーそうそう、スターウォーズ、知っててくれて良かったぁ(笑)


既死感〈上〉 既死感〈上〉
キャスリーン レイクス (1998/11)
角川書店
この商品の詳細を見る




COMMENT : 15  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2006.08.02 *Wed

エイリアス シーズン3 第55話

エイリアス』 シーズン3 第55話 “過去の全容”

ロッ… じゃなくてケンダル登場!まさかあなたがそんなにシドから
信頼されて良い人になっていたなんて…という感じ。
彼はFBIではなく“特別調査部DSR”だったそうで…。
なんだかCIAとかFBIとかNSCとかDSRとかCTU(?)とか─
たくさんありすぎて、よくわかんなくなります(;゚д゚)

シドは、あんなにも壮絶な洗脳をされていたんだなぁ。
にもかかわらず、自分を失わずちゃんと仕事してたワケです。
これも実はシドパパのお陰だった、みたいな。恐るべし。

そして、ランバルディのDNAに行き着き、これはコヴナントに渡しちゃ
ダメでしょうって事で隠し、その自分の記憶を消してしまった。
記憶を消す手術みたいなのも、えらく危険みたいだったらしく、
改めてシドの体ってスゲぇ~!(゚ロ゚ノ)ノ

それで記憶をたどっている時に、もう一人の自分が出てきて止めようと
していたのね~。でも、自分なら絶対なんとしてでも記憶を戻そうと
するハズだ、とは思わなかったのかな。

コヴナントの狙いは、選ばれし者のシドと、ランバルディのDNAをどうにか
して子孫繁栄??
シドは燃やしていたけど、コヴナントはまだ残りを持っているのかな。
あ、マーシャル、(*^ー゚)b グッジョブ!!
今回は出なかったけど、やっぱりなんかスローンって怪しいぞ!

ヴォーンって、シドが居なくなってから9ヶ月後くらいには彼女がいたんだな。ふーん、ちょっと早くないですか?ヽ(`Д´)ノ

ラザレイとも、過去を取り戻した時点でもっと話を聞きたかったのに
やっぱりというか、死んでしまいましたねぇ。
しかも撃ったのローレン!!!
「え~~~っ?!」ですよ、ほんと。


Alias: Complete Third Season (6pc) (Full) Alias: Complete Third Season (6pc) (Full)
Jennifer Garner、Ron Rifkin 他 (2004/09/07)

この商品の詳細を見る



↑日本語字幕はありません。
COMMENT : 6  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]



プロフィール

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。