This Category : The OC

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.11.20 *Thu

The OC シーズン3 第76話 “卒業”

シーズン3、最終話です…。
さぁ、卒業式。なんとか皆さん勢ぞろい。ちょっとジーンときてみたり。

ライアンは引き続きヴォルチェックに絡まれてますが、卒業式にはママも来てくれて
トヨタの車までプレゼントされて嬉しそうです。

マリッサは卒業式の日にジミーからの手紙を受け、大学へは行かずにジミーの
元へ行く決意を。ジミーのこの提案はジュリーもケイトリンも実は前から了承済みで、
2人ともマリッサの決意を温かく見守ってくれるようです。ライアン、サマー、セス達もね。
それにしてもジミー、マリッサ本人に伝えるのが遅すぎ。
手紙もらって次の日出発だなんて、急すぎ。

セスは、すぐに釈放され、お咎め無しな結果に。火事の原因もきちんとサンディに話し、
良い感じに和解したようです。そうそう、例のデザイン学校にも入学決定しました。

サマーは突然のマリッサの決意に寂しがりますが、セスの合格の件もあり、
とりあえず良い感じに。

サンディは、あれは公設弁護人に戻ったということなのかな?やはりそれが
サンディって感じですね。キルスティンとも仲良くなって良かったです。

マリッサが居なくなった後、ジュリーを寂しくさせない為に戻ってきたケイトリン。
っていうか、自分を“マリッサの妹”だと知る人が居なくなったハーパー校を
仕切る気満々(笑)

ついでにテイラー。韓国人の彼とうまくいっているようです♪

さぁ、突然旅立つ事になったマリッサへのお別れパーティー(?)。
久しぶりに4人が揃い、例の思い出深いモデルハウスへ♪
皆で昔を振り返り、私もなんとなく懐かしい感じに。
そして皆、それぞれの道へ新たに出発─

という、全て丸く収まり、イイ感じに前向きに終わっていくようでしたが…
まぁね、ヴォルチェックの行動はずっと気になってましたし、マリッサが今シーズンで
居なくなってしまうのは知っていた事だったんですけど…。
敢えてネタバレを避けていたので、それなりに衝撃でした。
マリッサは事故死します。アホなヴォルチェックのせいで。
別にあのままジミーの元へ旅立って終わりでも良かったのに、って感じ。
ライアンの腕の中で息を引き取ったマリッサ。
これ以上、何をライアンに背負わせたいのか?
最後の最後でブルーに終わっていきました─


The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス2The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス2
(2008/12/17)
ミーシャ・バートンベンジャミン・マッケンジー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
COMMENT : 12  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2008.11.14 *Fri

The OC シーズン3 第75話 “マン・オブ・ザ・イヤー”

ヴォルチェックをボッコボコにしてしまい、“やっちまったなぁ~!”って感じのライアン。
いいようにヴォルチェックに脅され、危ないお仕事を手伝うハメに…。
ヴォルチェックって何がしたいのでしょう。元々は同じ匂いのするライアンが、
まっとうに進んでいる事がイヤなのか?
でも、ライアンが全ての責任を受け入れて「警察なり何なり突き出せ」とか
言ったら、意外とそのまま黙ってそうな感じもしますけど。
どうなることやら…
っていうか、今のマリッサだからこそ、速攻で対応してくれるのでしょうね。

最悪の二日酔いを迎えたサマーでしたが、一応肝心な事は覚えているようです。
でも、セスの例の告白文はサンディの手に─
マリファナの件、ブラウン大の件に驚き、セスと話をするサンディでしたが、
セスはセスで母キルスティンが再び飲酒している事に胸を痛めており、
その想いをぶつけます。
こういう時(?)のセスってかっこいいです。まずパニくらない。妙な作戦をたてない。
冷静に自分の想いを相手に伝えれる感じ。しかも間違っていない。

そんなこんなで、サンディは改めて色々と考えさせられ、ニューポートの今年の顔を
辞退し、病院建設も見送るのでした…
私はキルスティンが思う程、サンディがケイレブ化していると思いませんでしたが
やっぱり家族を第一に考えればねーって感じで。
あの病院は、本当に良いと思っていたからこそ進めていたのにね。残念。

で、ナゼあんなに速攻でセスが警察へ?
事務所の火事は、決して意図的では無いと思うのですが??
全てが焼けてしまい、結果的に良かったねーと終わるのかと。
予告ではセスは卒業式に出ていたので、まぁ大丈夫なのでしょう…。

そうそう、お久しぶりのケイトリン。彼女の退学の危機をノリノリで救っていた
姉マリッサでした♪
っていうか、次回はシーズン最終話ですね~。


The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス1The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス1
(2008/12/10)
レイチェル・ビルソンアダム・ブロディ

商品詳細を見る
COMMENT : 7  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2008.11.06 *Thu

The OC シーズン3 第74話 “プロム大作戦”

高校最後のシニアプロムの日がやってきます─

ライアンはテレサを誘い、マリッサはヴォルチェックを誘い、セスとサマーはグダグダ。
セスとサマー以外は、なんかイマイチだなーって思うお相手。ま、いいけど。

ライアン&テレサは、やはり今更復活する雰囲気ではありませんでした。
(っていうか、私も子供預けてどっか行きたーい・笑)
一方、セスとサマーの不仲に何かしら責任を感じたアンナは、自ら考案した
作戦とともに、セスの元へ。
まぁ、アンナには特に責任ないですよ。セスが悪いんです(笑)
作戦その1、その2が行使され、遂にその3へ─
ベロンベロンのサマーは、果たして覚えているの?って感じですが…。
それでもやっと、一応真相を明かしたセスなのでした。
そして、アンナはやっぱりキュートで良い子でした♪

で、マリッサ&ヴォルチェックですが…
彼は最悪です。マリッサのお相手としては。色んな意味で。
でも私は、なんだか彼を悪いイメージに取れないというか。
一応ヴォルチェックなりに、セレブなお嬢様に惚れてしまった努力を
しているようにも思われます。そんな自分を嫌いながら。
不必要にライアンに絡むのもその表れなんでしょうねー。
お嬢様マリッサは、そこまで読みきれずに浮気な彼に悲しみ…

そんなマリッサをほっとけないライアン。
あなたとヴォルチェックは、そこが違うんだよーって境目を、ついに破ってしまった
ライアンはヴォルチェックと殴り合い。あーあ、よほど溜まっていたようね。
あれってどうなるの?マリッサは酒飲んでしまうし…。

で、サンディとキルスティン。ちょっとヤバイ展開になりつつあります。
サンディは、結局買収されたって事なんですかねー。
それだったら悲しいです。ほんと。

次回予告は結構ドロドロしてました…。
爽やかな(?)ヤバさは良いですが、ちょっとシャレにならないグダグダした
展開な雰囲気で… ため息です。

あ、そうそう、テイラーが紹介したサマーのプロムのお相手、韓国のポップスター。
あれは実在するのですか?!(笑)


Oc: Complete Fourth Season (5pc) (Ws Sub Dig)Oc: Complete Fourth Season (5pc) (Ws Sub Dig)
(2007/05/22)
Mischa BartonAdam Brody

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.10.30 *Thu

The OC シーズン3 第73話 “カレッジ・トライ”

いわゆる大学見学みたいなものに参加する皆さんです─

ライアンは、大学に自分と似た境遇の学生が居ることを知り、新しい人生に
前向きな感じ。同じ大学なので、もちろんマリッサも合流します。
今までとは違う環境に乗じて、良いお友達に戻れそうな2人。
のうように見えるのですが…

キルスティンが空港で子連れのテレサを見かけます。
年の頃からして、「もしかしてライアンの─?」と感じたキルスティンは、
速攻ライアンへ電話で告げます。
うーん、これってどうなんでしょう。良いとも悪いとも微妙な感じ。
前に、ライアンとセイディが共に暮らすことに表情を曇らせたのに。
まぁ、状況は違いますけどね。私はサンディの意見に賛成でした。

案の定、戻ってくるライアン。そしてテレサに確認を。
テレサは「エディの子」と言いましたが、エディも黒髪だったような?
子供は…
今更また面倒なことになるワケではありませんでしたが、一体なんだったのか。
マリッサがヴォルチェックの元へ寄るキッカケだったのか?(笑)
ヴォルチェックが「サウンド・オブ・ミュージック」観たらどうしよ~
なんて面白がっていたのですが…  観たんかい。
そしてそれを知って寄り添うマリッサ。 えーっと… 切れないんですか?

一方のセスとサマー。
セスはサマーを取り戻すために、受かってもいないブラウン大へ見学。
そこで偶然出会ったアンナ~~~♪ 相変わらずとってもキュートです。
で、セスの状況を察したアンナは、裏口入学作戦?とサマー奪回作戦?
に協力してくれます。
さすがにブラウン大入学はダメみたいでしたが、近くのデザイン学校を
セスに紹介。果たしてどうなるのか。
サマーに関しては、アンナと一緒のセスを見て、思いっきり誤解しまくり。
あれは仕方ないです。セスも悪いです…

いよいよ再びお酒を口にしてしまったキルスティン。
はぁ… 何度も何度も言いますが、コーエン夫妻には仲良くしていてほしい…。


The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス2The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス2
(2008/12/17)
ミーシャ・バートンベンジャミン・マッケンジー

商品詳細を見る
COMMENT : 4  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.10.23 *Thu

The OC シーズン3 第72話 “ドーン・パトロール”

卒業式が近づいています。
ライアンは、迷った末に母親に参加してもらうべく、会いに行きます─

ママは断酒会に通い、仕事も続いているようで順調そうに見えます。
しかしライアンには、やはり今までのトラウマみたいなものがあるんですよね~。
ママの彼氏をチラっと見ただけで、逃げそうな感じに。
色々ありましたが、結局ママとは良い関係に戻り、卒業式へ招待して
いました♪
っていうか、いきなり「あれ?何してんの?」って感じで、ママの
同僚ウェイトレスに寄り道をしたライアン…(笑)
まぁ、彼女が居なかったらうまくいかなかったかもと思うとね。
よしとしましょう(?) 
さすがにママに対しては子供な部分がありますが、あんな一夜限りの
関係をサラっとこなすようになったのかと…ライアン、大人になったねぇ…

さすがにちょっと腹が立ったセスのサマーへの態度。
いやいや、わかりますよ、サマーの為ってのは。
でもねぇー、やっぱ言ってはいけない事ってあると思います。
「もう愛していない」は無いでしょうよ、さすがに。あれでは話が違う方向へ
いってしまいます。 サマーの辛さがたまりません。
まぁ結局、セスも人生最大のミスを犯した事を自覚しておりましたが…
で、今更ブラウン大にどう入るのか??

さぁ、ジュリーがヴォルチェックにガンガン言うよね~、みたいな。
待ってましたって感じでした。
そしてヴォルチェックもやっぱ、どことなくマリッサに対する気遣いが、一応
独特の表現ですが出てますね。住む世界が違うとはわかっているみたい。
彼らのパーティーから抜け出し、帰宅したマリッサ。
ジュリーがちゃーんと待っていてくれてました♪
ちょっと思ったけど、見た目こそ違えど、金持ちのパーティーでも同じような
事やりますよね…。
どっちにしろ、マリッサはお姫様なので、そういう環境にはいて欲しくない
です。 これでもう切れたのかな?

サンディとグリフィンとの件はまだ続くのかなぁ。サンディだから大丈夫
だろうけど、キルスティンが…。

次回は、あのアンナが再登場~♪


The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス1The OC <サード・シーズン>コレクターズ・ボックス1
(2008/12/10)
レイチェル・ビルソンアダム・ブロディ

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.10.16 *Thu

The OC シーズン3 第71話 “デイ・アフター・トゥモロー”

いよいよ大学の合格通知が届く頃。皆さんの合否は─

マリッサとライアンはバークレー大学に見事合格。賢いんだね~。
サマーもブラウン大学に合格。おめでと~。
ただ、セスだけが…

ライアンとセイディは、もうわかったから、と言いたくなる程ラブラブ。
しかし、ライアンの大学合格をキッカケに、現実に直面。
最初はセイディも一緒にバークレーへ行くという話になっていたのですが、
それはどうかと。ライアンには新しい道が開かれており、18歳の今、
セイディと共に暮らしながら向上できるのかと。
サンディやキルスティンがやんわりと考慮する中、ライアン自身もやっと
現実を考えるように。そして何よりセイディがそのことを察し、結局
身を引く決意をするのでした…。うーん、セイディすごい。
せっかくお似合いの2人だったんですけどねー。めでたい話がキッカケで
こういう結果になるとは。
でも、この2人だからこそできた決断だったように思います。いい意味で。

2人一緒に受からないと、ブラウン大に行く意味がないと言い放っていた
サマー。もし自分だけ受かったら、行かないと言っていたサマー。
ブラウン大に受かるなんてスゴい事だし、ぜひ行ってほしいと考えたセスは
自分が落ちた事を最後まで言わず、別れの言葉をほのめかすのでした。
うーん、難しいですねー。サマーを想う故の行動なのでしょうが…
なんか、切なかったです…。

自分を見失っているマリッサに、いよいよジュリーがきちんと話を。
「諦めないで」という母の言葉を受け止めたマリッサは、とりあえず
サマーと仲直りし、スウェットパーティーにも出席するのですが─
なんかまだ微妙ですね。久しぶりにマリッサらしい感じが見れましたけど。
はいはいそれじゃぁ、ライアンと一緒にバークレーに通うわって展開には
なるのかどうか。どうなるんでしょ。

マットの件でグリフィンに辞職を迫るサンディ。でも逆に買収されそうになってます。
病院は建てたい。ケイレブみたいになっているつもりはない。
と、思っているサンディですが、キルスティンにはそう見えていません。
あぁ、この2人は仲良くしていてほしい。

それにしても、今では唯一の癒しキャラ(?)になっているテイラーがキュート(笑)


THE OC 公式ファンブック (AC MOOK)THE OC 公式ファンブック (AC MOOK)
(2007/07/04)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 3  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.10.10 *Fri

The OC シーズン3 第70話 “秘密と嘘”

セイディとラブラブで、テンション上がっているライアン。
あんな姿は久しぶり─ いや、初めてか?(笑)

一方、マリッサの次のお相手がヴォルチェックだと知り、それがどうしても
マリッサにとって良くないと感じたサマー。
セスを通じて、ライアンにマリッサを止めてくれるよう頼むのですが…。
そしてそんな中、婚約して帰宅したニールとジュリー。
2人のテンションと、娘2人のテンションが噛み合いません。そりゃそうだ。

マリッサ、お酒は良くないです。サマーとのくだらないケンカも良くない。
乗り越えるつもりがなく、堕ちていく事を選んでいるようですね。
見かねたライアンは、ヴォルチェックと直接話します─

うーん…  ちょっと思ったのですが、ヴォルチェックは彼なりにマリッサの
想いを汲んで、その道(?)へ誘ってますよね。
だってマリッサはハッキリ言いました。「幸せな人生を選んでいたら、
あなたとは一緒に居ない」って。
「いや、それはダメだ」と言うタイプではなく、「じゃぁ一緒に堕ちようぜ」タイプ
なのかなーって感じです。もちろん、良くない方向性ですけど。

さて、ジョニーママから依頼されていた家も売れ、セイディはオレゴンへ戻る
決意を。やはり、ライアンの気持ちが未だに揺れ揺れなのを敏感に感じて
いるようです。でもライアンはセイディに残ってほしいようで。
このまますれ違いか?と思ったら、マリッサがセイディを思いとどまらせ、
めでたく2人は再会できるのでした~。
って、ライアンもマリッサも、お互いが幸せになってほしいと願っているのね。
その相手が自分でなくとも。

でもそれが原因で荒れまくったマリッサは、クスリに手を出すのでした…。

マリッサがあのままだとニールとジュリーの婚約も危うい。
サンディはマットをクビにする決断をしたけど、どうやらグリフィンはヤバそうだ。
そんなこんなで忙しい旦那にデートをキャンセルされたキルスティンが、
セスとデートをし、2人で大事なものを共有していたのは良かったな~。

っていうか、覚えてなかっただけなのかはわかりませんが、
サマーとルークって、昔婚約してたのね~(笑)


The O.C. Mix 6: Covering Our TracksThe O.C. Mix 6: Covering Our Tracks
(2006/12/11)
Various Artists

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]



プロフィール

suubi

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。