This Category : BONES

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.01.10 *Sat

BONES シーズン3 第15話 “下顎骨に刻まれた秘密”

シーズン3最終話です。こんなにテンションが下がっていく展開だったなんて。

前回、ストーカー化した女性に撃たれたブース。いきなり彼の葬儀シーン?!
いやいや、ブースが死ぬなんて絶対有り得ないので、どういうオチがあるのか?って感じ。
実は局の捜査の為に死亡を偽装したそうです。結果、成功したようですが。
で、ブース本人も驚いていましたが、この偽装をブレナンが知らなかったという事。
ブースは局に“話すべき人のリスト”みたいなものを提出していたようですが…
まぁ、何にしても、知らなかったブレナンはブースをブン殴ってました。グーで(笑)
後にわかりますが、このブースの出したリストの人物を判断したのはスイーツだとか。
なんだかんだ分析官っぽく並べ立ててましたが、やはりブレナンが言うように実験
してみたとしか思えませんね。
ま、視聴者もちょっと見てみたかった部分でもありましたけど…(笑)
期待通りなブレナンの反応でした♪

そんな中、研究所のブレナン宛てに小包が。中には銀のネジ付きの下顎骨。
これはもう例の人食い連続殺人犯ゴルゴモンからのものでしょう!って事で捜査開始。
スクウィンツ達は相変わらず楽しそう(?)に調査にいそしみ、ホッジンズとザックは
例によって楽しい(?)実験♪─

って、楽しかったのはここ辺りまででした。
実験過程で爆発が起こり、ザックの手が…
その後、研究所の金庫室内にある銀繋ぎの骸骨が盗まれ…
ゴルゴモン、もしくはその弟子は研究所の人物であるという展開。

スイーツが分析して割り出した犯人はホッジンズ。
元刑事だったカミールが長年培った勘で割り出した犯人はスイーツ。
ホッジンズは論外でしたが、スイーツはありか?って思ってしまいました~。
彼は事件にも絡んでくるようになってからは、ちょっと面倒というか何というか… 
って個人的に思っていたので。この辺りで終わるのかなって(笑)
まぁ違ったんですけど、それならそれで、もうちょい憎めないキャラにしてほしいかも。

と、いう事で、真犯人は─
ザックでした。

犯人というか、弟子だったのですが…。病院で詰め寄るブースを諭すブレナン。
ブレナンはザックと論理的に話し、ゴルゴモン(呼び名はマスターだったみたい)が
誰であるかを聞き出します。FBIが乗り込んだ時に結果的には死にましたけど。
その後、ザックは1人の殺人を自白。(決して誰も食べてません!)
罪を認める代わりに心神耗弱と認定され、刑務所でなく専門施設へ入所のようです。
爆発の威力が想定外になったのは、ホッジンズを守るため。
それがわかっただけでもいいです。この際。
でもザックが… なんで? やっぱりイラク派遣が何かと前フリになっているのかなぁ。
それにしても、これで本当にザックはもう出る事ないのかなぁって。それはすごく残念。
最後、ザックの宝物を見ながら仲間がそれぞれ思いを馳せるシーンでジーンと
きました…
ザックの後釜は、やはり彼か?て感じもよぎりながら─

で、やはり楽しく終わりたいので一応ツッコミを。
ブースのバスタイム!! いいですよ、何やっても。プライベートだし。
ただ… ビール好きの私から言わせてもらえば、
ビールはストローで飲むものじゃない!(笑)


BONESBONES
(2008/12/03)
TVサントラトール・ツリー・6FT.マン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
COMMENT : 12  TRACKBACK : 3  [EDIT] [TOP]

2008.11.29 *Sat

BONES シーズン3 第9話 “クリスマスの奇跡”

クリスマスの3日前、サンタクロースの衣装を着た死体が、下水管で発見されます─

早速調査を始めるスクウィンツですが、皆さんクリスマスネタに絡めながら、結構
楽しそう…(いつもですけどね・笑)
でも調べるうちに、被害者は
“太った老人でサンタの服を着てパイプをふかし、トナカイにけられた跡もある”
と判明。更に手袋から指紋が検出され、身元が判明するのですが
名前が“クリス・クリングル(いわゆるサンタの名前)”─
本物のサンタクロース?!みたいな。まさしく「サンタ殺人事件」です…

ブレナンやザックの徹底的な骨の調査や、アンジェラの絵や復元ももちろん重要
ですが、やはり決定的な事につながるキッカケってのは、ホッジンズだなーって。

やがて凶器がベルと判明し、被害者が勤めていた派遣会社の同僚サンタ達に容疑が。
ホッジンズ曰く“燕のツバスープ”から、サンタのケツを嗅ぐことになり、犯人特定(笑)
犯人はスリを常習していたようで、それを咎めたクリスは彼と喧嘩になり…

さて、クリスマスの奇跡。
堀の中だけど、クリスマスは家族で過ごしたいと願うブレナンパパ。
同じく堀の中のラスも一緒にね。
「嘘も方便」を、やっとなんとなく理解した(?)ブレナンはペルーの骨へは向かわずに
家族と素敵なクリスマスを過ごしました♪

一方のブースは、今年は息子とクリスマスを過ごせずにテンション下がりっぱなし。
でも…  クリスマスの奇跡が起こってました♪
最後、ブレナンが居る元にクリスマスツリーをプレゼント。うーん、なかなかやりますね。

あ、っていうか、おちゃめ(?)なジュリアン検事がブレナンに出した条件(笑)
「ヤドリギの下で、ブースの唇にキスをする事。船が5隻数えられるくらいたっぷりと!」
実際行われたのですが─
ジュリアン検事、どん引き?(笑) ガムが行き渡ったくらいですからね~

やはり面白いドラマって、クリスマスエピも結構趣向をこらしてるなって感じです。
そのドラマらしさを考えてますね~。
本物?のサンタクロースが亡くなってしまったのは残念でしたが…


BONES ―骨は語る― オフィシャルガイド Season1 (SHO-PRO BOOKS) (SHO-PRO BOOKS)BONES ―骨は語る― オフィシャルガイド Season1 (SHO-PRO BOOKS) (SHO-PRO BOOKS)
(2008/03/20)
ポール・ラディティス

商品詳細を見る
COMMENT : 6  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.11.01 *Sat

BONES シーズン3 第5話 “ハロウィーンの悪夢”

季節感バッチリだね。
ハロウィーン迷路で、本物のミイラが発見されます─

遺体の身元を捜査中に、新たに別のミイラも見付かります。場所は遊園地。
二つの遺体は、どうやらその遊園地で行方不明になっている14~16歳の
少女達らしいです。

2つの現場に居た、性犯罪者に登録されている死神くんから、妙な趣味の
ローラにつながり… でも結局はスクインツ大活躍で犯人に迫っていきます。

遺体に付着していた物質やなんかを、とにかく科学的、直観的に徹底的に
調べ上げていく様は、何がなにやら分からないけど圧巻(笑)。
さぁ、犯人の居場所がわかったよ~。3人目の被害者はまだ生きてるよ~。

犯人は元兵士の救命士、だったかな。ブースの事知ってたんですね。
だからピエロの格好してたの?
この犯人、被害者を恐怖に陥れて殺害していたようですが、ブースに撃たれて
しまい、それまでの犯人のいきさつみたいなものは一切不明。
っていうか、あんなひどい殺人、たまらなく辛いです…

さぁ、ハロウィーンは研究所でも催されるようで。
私は事件が解決してから、パーティーシーンがあるのかと思っていたのですが、
めちゃめちゃ中盤くらいから、皆さん仮装状態でお仕事(笑)
CMでチラ見していましたが、ブレナンのワンダーウーマンも圧巻♪
犯人逮捕へ向けてブースと現場へ向かっていましたが、せめて外に出る時くらい
上着かなにか…、みたいな(笑)
ブースのピエロ恐怖症も、申し訳ないけど笑えた。あのビビッた時の声は
真実味ありました(笑) っていうか、ブレナンはヘビがダメなの?

で、アンジェラの元夫捜し。担当の探偵さんが替わりました。
えらくキレ者っぽいのですが、どこか微妙な…。
元夫に会い、彼の魅力をとことん強調してました(笑)真実がモットーらしい。
それでも動じないアンジェラ。まぁ、探偵さんなりに試したのでしょうか。
依頼人同士がラブラブなのはわかりましたが、元夫はちゃんとサインして
くれるのかな~。


David Boreanaz (A3 Calendar)David Boreanaz (A3 Calendar)
(2008/07/01)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 8  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2008.10.11 *Sat

BONES シーズン3 第2話 “青空に散った正義と真実”

女性の乗った車が、突然爆発─

FBIに持っていかれたら、証拠がめちゃくちゃになるって事で、車ごと
そのまま丸々研究室へ。(ほんと、広いところだよな~)

タトゥーを復元したことにより、被害者の女性がNLA(国家解放軍)ハリスと判明。
1970年代の学生の過激派らしいです。そして彼女はFBIサムが30年も追っている
殺人犯。実はハリスは警察と取り引きをし、4日後に出頭する予定だったようで…

犯人は彼女に証言してほしくない、当時の共犯者ワトキンス?
それともその時の被害者の息子で、ハリスに恨みをもつ警官のダニー?

ハリスが過去に銃弾を受けた傷を調べた結果、彼女は当時殺人を犯していない
事がわかり、爆弾の手口からワトキンスを捜査。
ホッジンズ曰く、昆虫学のGPS(すごすぎる…)から彼の居場所が判明する
のですが、自殺? でもすぐに他殺だとわかり、その時現場に居たサムが…?
みたいな展開に。

まぁ、サムが犯人だったら気に入らないな~なんて思って観ていたのですが、
違ってよかった(笑)
真犯人はハリスの夫。ワトキンスの爆破の手口を真似る為に入手した
腕時計に関するものから指紋が検出されたのでした。
過激派だった妻の過去を、誤解した受け取り方をしていたようです…

夫婦には娘セリアがおり、ハリスは娘に手紙を書いていました。
アンジェラの復元で娘にその手紙が渡されます。
過去に色々あったけど、自分は正義を貫いたと、そして何よりあなたを
愛していると─。

さて、ブレナンとパパの関係。時間はかかるだろうけど、少しずつ良い
方向へいってるみたいですね。ハリスが娘に託した手紙を読んだ影響も
あるのかもしれませんが、やはりブースの存在も大きいと思います♪

そうそう、爆弾班からフロスト捜査官という、ホットな女性が研究室へ
やって来てました。一目見て心奪われる(?)ホッジンズ。
ほんと、男って…(笑) でもさすがアンジェラというか。
ま、ホッジンズも速攻で目が覚めるんですけどね(笑)


BonesBones
(2008/09/02)
Original TV Soundtrack

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.10.04 *Sat

BONES シーズン3 第1話 “金庫室の晩餐”

すっかり日本でも話題になっているこのドラマ。
新シーズンは私もとっても楽しみにしておりました♪

走行中の若者の車の上に頭蓋骨が落ちてきたよ~
って感じで始まった今回。当たり前ですが、骨はつき物。
なんともいえない懐かしさ(笑)

その頭蓋骨に削り傷を見つけたブレナン。それはつまり人にかじられた痕らしく
食人者が─  という展開(怖っ)
やがて身元が天才バイオリニスト、ギャビンだと判明。
そしてホッジンズが珍しい石を発見し、それを元に閉鎖された銀行の
金庫室へ─
そこにあったのは、年代物の様々な品。そして祭壇風な所に銀と人骨。
骨は多数あり、被害者の数は多そうです。

戻ってきたザックが、例の頭蓋骨の咬み痕がダイヤモンドであることを
発見し、犯人ジェイソンを逮捕。でも彼は自殺…
ちなみにザックは、後に別の人間の咬み痕も発見し、他にも犯人がいることが
わかります…。
食人者たちの秘密結社??? ホッジンズの話を聞いてもいまいち…(笑)
とんでもない方向へ(このドラマならそうでもないかな)話がすすみ、しかも
解決しないままでした。
どうでもよいですが、シークレット・サービス副長官サムナー夫妻の特殊(?)な
趣味がサラリと絡んだくだりは、相変わらずブースはお偉いさんも逮捕しちゃう
んだよ~ という事なのかな。

それにしても、ザックがイラクから戻ってきてくれて嬉しいですね~♪
(仕事はできるけど、軍にはマイナスだったらしい…)
彼が戻るまでの3ヶ月間、ブレナンを、ブースとの外出拒否にさせていた
くらいですもん(笑) 本当にそれが理由だったのか… って感じもしましたが、
とりあえず、スクインツの要のブースとブレナンの関係は不動って事で
良かったです。

そうそう、ホッジンズとアンジェラ。
アンジェラの過去の結婚を無効にする為に、かなりうろ覚えの夫を捜し出す展開。
とりあえず大男みたい(笑)
お金の心配がいらないのであれば、いつか見付かるのでしょう♪

久しぶりに観て、やっぱりこのメンバーだよね♪と、再確認しました。


BONES ―骨は語る― シーズン2 DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)BONES ―骨は語る― シーズン2 DVDコレクターズBOX1 (初回生産限定版)
(2008/09/17)
エミリー・デシャネルデイビッド・ボレアナズ

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2007.11.04 *Sun

『BONES』 シーズン2 第27話 “嘘に溶けた真実”

いきなりブースとレベッカのベッドシーン。体の関係は続いていたのね。
そんな中、事件の連絡が入り、更にはブレナンからも電話があって
その微妙な関係がバレちゃいます。
どうでもいいけど、ブースは白のブリーフだった。なんだかなぁ(笑)

事件は、建築中の住宅内の浴槽で、薬品漬けになった遺体が発見
される。結構溶けてます…
理性が本能に負けた典型的な例として、ブレナンから攻撃(?)を
受けつつ、その上研究所のメンバーにだんだん事がバレていく
ブース。なんだかやりにくそうでしたね~。

遺体を調べるうちに、遺伝性の骨形成不全症が判明し、それを元に
身元もわかっていきます。名前はラリー・シーバー。なんと重婚して
いて2人の妻と、それぞれ子供が存在していました…。

事件は複雑でしたねー。偽装自殺を他殺に偽装?みたいな。
上司もたいがいですが、あの奥様方のお芝居が凄かったのは確か
です。

法人類学的?にブースを見ながらも、ブレナンは彼とレベッカの関係を
良い方向へ持っていってました。
なんとなく、めでたしめでたしと思っていたのですが─
えーっと、次はカミールですか…

Bones: Season 2 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Bones: Season 2 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/09/11)


商品詳細を見る
COMMENT : 7  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2007.10.27 *Sat

『BONES』 シーズン2 第26話 “殺人ゲーム”

自然公園の中、犬が白骨化した遺体を発見。とりあえず、犬を追い払う
ところから始まります─

遺体を調べるうちに、「タイヤレバーで殺害、手足の拘束、うつ伏せの
埋葬」という事が判明し、これらに共通するのはあの男…
シーズン1の7話に登場した、殺人鬼の死刑囚エップス!
っていうか、なんとな~くでしか覚えてなかったのですが(笑)
ブレナンが最期に怒りに任せて何かやらかした覚えはありましたが、
骨折ってたんですね…。そうそう、エップスはえらくブレナンがお気に
入りで、再登場してもおかしくないような人物でした。

今回も彼のゲームに振り回される形になりつつ捜査が進みます。
エップスの言葉を元に、どんどん繰り広げられるブレナンとザックの
会話。私も聞いていてほとんどブース状態でしたが…
こっち系(?)ではブースも助けてもらってますよねー。
結局、共犯者を突き止めるのですが、ブレナンが射殺してしまうという。
ブースの危機だったし、仕方ないというか、当たり前の行動だったの
でしょうが、エップスにとってはそれこそがゲームの目的だったような
言い回しでした。なんかイヤだったなぁ…。ブレナン本人が一番悔し
そうでしたけど。「そう思っている時点で、君はゲームに負けた」
みたいな事を言っていたブース。まぁ、そうなんですが、そうかもしれ
ないんですが…。うーん、なんかスッキリしませんでした。
この終わり方だと、エップスの三度目の登場も有りな感じですね。
とりあえず、ブタのジャスパーには癒されました…。

そして、今回はやっぱりアンジェラでしょう♪
ブース曰く「生身の人間に強い」彼女の良さがすごく出ていました。
人間味溢れる部分はブースも同じですが、やはりあの職場での、
あの人間関係の中での、アンジェラの存在はすごく重要だなぁと。
ホッジンズも、確実に更に惚れ直したと思います(笑)
冒頭、「ホッジー」と呼んだアンジェラに「え?」っと気付いたブレナン
でしたが、2人のそういう微妙な雰囲気の部分まで果たして気付いて
いるのかどうか…(笑)

Bones: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen)Bones: Season 1 (4pc) (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen)
(2006/11/28)
Emily Deschanel、David Boreanaz 他

商品詳細を見る
COMMENT : 6  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]



プロフィール

suubi

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。