This Category : SHARK~カリスマ敏腕検察官

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.02.20 *Fri

SHARK 第16話 “シャーク 資格剥奪の危機”

よくもまぁ~こんな短い時間で、二転三転…四転くらいしたあげく、
「えーっ?」って簡単(?)なオチまでつけてくれるもんです(笑)

朝方4時くらいに電話で起こされるスターク。
でも逮捕されたジュリーの件ではなさそうで…

スタークを呼び出したのは、クリス・チャンバーズ。
とあるホテルの一室。その部屋にはスタークを待っていたクリスと、女性の遺体。
女性はクリスの会社の見習社員ヘザー。クリスは彼女とは個人的な関係は無く、
たまたま発見したとのこと。そして今夜はパーティーだったので、その流れで
ドラッグの過剰摂取ではないかと言います。
この辺りまでは、弁護士を呼び出すよくある風景ですが、スタークは今や検察官。
早速警察へ電話を─    と、なるハズが…
スタークはクリスに直ちにこの場を去るよう命じ、自分もこの場に居なかったことに
します。マジですか?

スタークがそこまでしてしまった理由。それはクリスが、ジュリーの名付け親になる程の
親友だから。クリスは一代でハリウッドスターの資産を管理する会社を創り上げ、
今回のスキャンダルで全てを失うのは困ると、だから助けてくれと、スタークに
頼ってきたのでした…

ところが~ 別件で遺体発見現場へ出向いたスタークが見たその遺体が、あの
ヘザーだった、という。(ま、なんとなくそうなるだろうとは思いましたが)
ヘザーの遺体が別の所で発見され、スタークはクリスに話を聞きますが、彼は何も
知らないと。 とにかく犯人を見つけるべく、スタークはコソコソと奮闘します。
で、かなりややこしく展開していくわけです─

途中、なんだか様子がおかしい上司に部下達がざわめき始め、スタークはこれまでの
事を正直に部下達へ話します。そして君達はこの件から外れろと、オレ1人でやる、
みたいな。
真相を知った部下達は手短に相談し、なんだかんだでスタークをフォローする方向へ。
ちなみに、特にライナの反応は想像通り。でもアイザックに諭されると…

で、結局はクリス本人が犯人で、全て彼が仕組んだ事でした。
社内の横領を知ったヘザーを、口封じの為に殺害したようです。
別の容疑者を起訴中に、そのことに気付くスターク。
しかも自分が最初に、ヘザーの遺体のそばにいた現場の写真が送られてきて
脅迫を受けちゃいます。
この写真が公開されれば、スタークは職を失うこと間違いなし。
そして、それもクリスがやった事だとわかり、スタークは自分のキャリアを捨てる
覚悟で一大決心を─

もう長くなるので省きます(笑)
とにかく、最低限のルールというか、そういう事を親友に裏切られたスタークは、
彼らしいっちゃー彼らしい態度で、きちんとクリスに罪を問わせたのでした。
しかも、自ら例の写真を公開したことで弁護士の資格を剥奪されそうになった
(っていうか間違いなくそうなるハズ)スタークでしたが、デブリンが動いたおかげで
何とお咎め無し!!
えーっと確か「財務省の調査に関わっていたから」とかなんとかな理由だったかな?(笑)
そうくるか~?!でした。
まぁ、色々とツッコミたい箇所は多々ありますが、最初っから最後までのこの
相変わらずのノリで、サラリと流してしまいましょう♪
とりあえず、スタークは根っからの仕事人間で、今の自分の仕事に誇りを持っている、
ということを伝えようとしているような内容でした。だから伝わりました(笑)

そうそう、ジュリーは、なんとか父親にバレずに釈放され、車も戻ってきましたが、
やはりバレるようになっているようで…
アイザックから知らされる事になったスターク。でも彼は娘が自分でなくアイザックに
連絡をした事実に、ちゃんと向き合おうとしている様子。
親友の事件もあり、それと何かしら重ねたスタークは、ジュリーが打ち明けない限りは
自分から切り出さない感じで終わっていきました…


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.02.12 *Thu

SHARK 第15話 “判事のトップシークレット”

アンドリュー・ベネット判事の妻カレンが刺殺体で発見されます─

ベネット判事は聖人とまで言われるほどの善人(の、イメージ)。
しかしスタークは「妻が殺されたら、まず夫」と言い、最初っからベネット判事を犯人扱い。
判事という職業柄、脅迫していた人物ペニヤを当たる部下達でしたが、とりあえず
それは置いといて~ な、スターク。

やがて、カレンが離婚弁護士のデマトと会っていた事がわかり、判事を起訴?!な
展開へ。しかし聖人な判事さんなので、その道は険しく、スタークは別件から攻めます。
その結果、判事の車を捜索でき、カレンの血液型と同じ血痕を発見。
スタークは、全判事を敵に回しつつも、最高のテンションでベネットを逮捕するのでした。

ベネットは保守的な判事で、弁護士時代のスタークとは、それはそれは因縁があるようです。
だからって、スタークがベネットに復讐心を燃やして… って事はないでしょうね。
何かしらスタークの勘がそうさせたのでしょうし、それはそれでテンション上がるのも
当たり前のような感じ。あのスタークだから(笑)
相手が誰であっても、同じことをするか?と思うと、違う意味で、相手が有名人で
あればあるほど燃えそうな気もします…

さぁ逮捕したものの、目撃者無し、凶器無し、動機無しなまま公判まであと2日。
と思っていたら、ベネットのATM利用履歴からゲイバーへ辿り着き、ベネットはゲイだった、
みたいな。しかもお相手がデマト(離婚弁護士)だった、みたいな。
更にテンションが上がるスターク。
動機は、夫がゲイだと知った妻が、それを公表すると言い出し… って感じでしょうか。

しかし裁判は二転三転し─
結局、ベネットを脅迫していたペニヤとも関連があったんですね。
ベネットを補佐していた、報道対策アドバイザーのハリスの証言から真相が明らかに
なりました…
公判の流れでカミングアウトしたベネットでしたが、だったら妻を殺させることなかった
じゃんってね。

私は録画の関係で、「Law&Order 犯罪心理捜査班」のあとにこのドラマを視聴してます。
だから、どうしても比べてしまう部分がありますね~。
今週は、どちらも同じ夫が妻を殺害し、公判へ、 という内容でした。
状況や環境はもちろん違いますけど。
うーん…「SHARK」は、なーんか毎回ピンときません。面白くなくはないのですが。
華やかさも全然ありますしね。セレブなレベルだからかな?(笑)

なので今回は本筋よりもジュリーの方が気になってしまった。
ニールって… もしかして最悪??(笑)
なんなんだろう、あれはジュリーの気持ちをわかってやっている事だったのか?
それとも超天然? どっちにしても、ジュリーに対して、かなりありえない対応でした。
挙句、信号無視、飲酒運転で捕まってしまったジュリー…
イケない事ですが、あれは仕方ないっちゃー仕方ないような気もします。
ま、そうやって大人になっていくんです…
スタークは、どこまで絡む展開なのかな~。


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2009.02.05 *Thu

SHARK 第14話 “パパラッチの追跡”

ハリウッドスターである女優のテイラーが、運転中に何者かに後から衝突され死亡。
犯人は、過激化を増すパパラッチか─?

死の直前テイラーは妹へ、誰かと別れ、解放されたというような内容を話しており、
スタークらはパパラッチも含め、テイラーの過去の恋人、男を取り合ったという歌手の
シャーロット、そしてテイラーの後見人であり、彼女を使ってたんまり稼いでいる
継父のパビッシュを調べる事に。

シャーロットとテイラーの喧嘩はヤラせ…
警察が到着する前の事故現場写真を撮っていた、怪しいパパラッチのジュノは
単にテイラーの車に発信器をつけていただけであり、殺してはいない…

そんな中、テイラーが最近流産していることや、継父パビッシュの浮気癖が判明。
おまけに彼の車には衝突したような跡が。
それにスタークらが来た時に逃げましたし、理由はどうあれまさしく犯人でしょうって感じ。

という事で、公判が始まるのですが─
うーん、スターク側は、ちょっとツメが甘かったのでは?って思いました。
被告の弁護人はそこそこスターク並にやる感じでしたし、それならそれで元弁護士
として、証人の素性なんかはもっと調べていた方が良かったよねー、みたいな。
っていうか、テイラーの車やパビッシュの車についていたお互いの塗料などを科学的に
調べれば、それで充分な証拠にならないのかな?

やがて、以前は実はドラック漬けだったテイラーがいた更生施設で一緒だった、
ロナルドの出現により真相が明かになっていきます。
2人は愛し合っていたようです。テイラーが女優だと知らなかったロナルドなので
本当なんだろうなって感じ。
結局、妹の証言により、ロナルドとの子供を妊娠し、出産して女優を辞めると言い出した
テイラーに激怒したパビッシュが… ということでした。
(これって、パパラッチが撮っていた写真が無ければ?という気もしましたが、そこまで
徹底して調べたスターク側のお手柄でしょうか)
っていうか、あの19歳の妹クリスティ。かなりしたたかです。
ある意味これから成功していくのかもね…

ところで、なんとなくジュリーとドノバンの雰囲気に気付き、牽制しだしたスターク
でしたが、自分が家に居ないもんだから仕方無い(笑)
ジュリーは怪しいクラブや、モデルのスカウトやら、お酒まで…
おいおいって感じです。まぁ、このくらいならジュリーにも楽しませてあげてって
気もしますが、問題はやはりドノバンがちゃんとスタークに事前報告しとかないと
後々恐いよ~!


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.01.29 *Thu

SHARK 第13話 “シャークの焦り”

南カリフォルニアの不動産王ブランドン・クロフォードが銃殺されます。
大富豪ということで、例によって敵は多いのですが─

とりあえず、離婚係争中の妻ソニヤと、16歳の息子ディロンが浮上。
やがて、ディロンの学校の美術教師エリーや、友人の話、そして絵画に使われる
木炭がブランドンの手に付着していたことから、一気に息子が怪しくなります。

ディロンの身辺を調べるうちに、彼の親しくしていたメル友がエリーだと判明。
それを元にディロンを追及すると…
エリーとは性的関係にあり、彼女のヌードを描いている途中に父親が帰宅。
怒った父をエリーが撃った…
みたいな事を自白。
えらくアッサリ自白したな~ なんて思ってたんですが、やはり裏があったようで。

そしてその“裏”を、本来のスタークなら見抜けていたんですかね?~
スタークは前回のウェイン・カリソンの件で、かなり追い詰められている感じ。
事を急ぎ過ぎる傾向にありますね。調子悪いです…
ディロンの自白通りにエリーを起訴するのですが─

事件時に紛失していたスケッチの絵が、静電検出という科学的捜査で
ソニヤが描かれている絵だと判明。彼女は、ディロンにとっては継母。
ソニヤが共犯だと針路変更したスタークは、裁判中、証人として呼んだソニヤに
対してかなりの追及を。挙句の果ては侮辱罪で拘置所へ…

まぁ、結局は収まるべき方向へ収まったんですけど。
ソニヤはディロンをだぶらかし、遺産目的も含めて父親を殺すように仕向けたようです。
実行犯はディロンでした。
デブリンは、ディロンに対しては成人として扱い、刑期15年。
ソニヤに対しては最低25年の無期刑を告げていました。

で、拘置所でゆっくりするハメになったスターク。
カリソンの件で心配なジュリーに関しては、その道のプロであるドノバンを護衛に
つけていますが、このドノバン、結構イケメンさんですし、なんだかジュリーとも
仲良くなってきている感じですが… そこまでは計算してないでしょうね、スターク。

そういえば、アイザックとライナの微妙~な関係も気になりつつ…


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 6  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2009.01.17 *Sat

SHARK 第11話 “最悪の結末”

タイトルからして、嫌~な感じのまま観ていたんですけど…
なんかもうやり切れないです。

兵器販売を営む大富豪カーン。もちろん表向きは違いますけどね。
カーンはシャーク達の管轄であるLAでも、暴力団相手にC4爆弾を卸しまくり。
半年かけてカーンを狙っていた検察は、FBIの横やりにも負けずに作戦続行。
しかし、事態は思わぬ展開へ─

市警にスパイがいたら、もうどうしようもない感じ。
それもめちゃめちゃ現場を動きまくる警察官だったし。
更によくある面倒なFBI。カーン逮捕の邪魔をしていたのは、実はFBIは
カーンからアルカイダの情報を得ているからなんだって。あーそうですか。
もちろんそんなの知ったこっちゃないシャーク。
あの状況で、しっかりとカーンから証言をゲット。
これはスゴイと思いました。でも、そんなシャークのスゴさを見せるために
ここまでのストーリー展開にしなくてもよいのでは…
明かに検察官の枠を超えています。部下達も。
だからあんな事に(泣)

SWATって、ただ撃ちまくるだけですか?人質の幼い少女を守りに走る人は
いないの?なんでマーティンなの?もう最悪です。
とりあえず病院に運ばれていたようなので助かるのかと思いきや。
「は?」って感じ。
まだ11話ですよ~。検察官の死にしてはかなり度が過ぎてます~。
もっと法廷内で展開してほしいです。あんなに現場に出なくても…
それなりに面白かったですが、なんだかな~でした。


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 6  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]

2008.12.18 *Thu

SHARK 第7話 “15年後のデジャヴ”

結構複雑でした。冤罪はあるのでしょうが、こういう絡みの結果例って、実際
あるんですかね~。

4日前に公園で誘拐された8歳の少女エミリーが遺体で発見されます。
その手口や遺体の口周りの発疹などから、15年前の事件を思い出すスターク。
それはかつてスターク自身が弁護し、終身刑になったチャーリーの件でした─

スタークも負けていた事があったんですね。そりゃそうでしょうけど。
でも同じ負けでも、無実の人間を終身刑にさせてしまったのはちょっと…
しかも当時の検察官が証拠を隠していたとあれば、それはまた更に違った問題。
と、いうことで、今回は実は15年前にその件に関わっていたデブリンが絡みます。

エミリー事件で10人の被疑者が浮かび上がり、その中の一人に、15年前のターニャ
事件時にチャーリーが目撃した男が…
その男ビーミスが同一犯だと確信したスタークは、もう止められません!

二つの事件を徹底的に洗い直し、デブリンへの追求も怠らず、公判へ持ち込む
スターク。無実のチャーリーを釈放するために、彼はターニャ事件を追訴します。
で、今回は当時弁護人だったという理由でスタークは外され、担当はデブリンへ。
色々葛藤したようですが、ま、デブリンはやるでしょうね、って感じで。
スタークは、検察側が過去の情報隠ぺいを暴露せずに勝つというのですが─

ターニャ事件時の検察官はもうすでに亡くなっているのですが、その時の部下だった
デブリンは出世欲もあり、上司の指示通りするしかなかったと、でも今その過ちを
正すチャンスだと。
うーん… そういう葛藤があったのはわからないでもありません。実際チャーリーを
再び目の前にして、更に動揺してしまったのも。でも…
もっとバリバリのデブリンを見たかったような。公判中にチラチラとスターク頼りの
目線を送る姿は、なんだか…  まぁ、スタークとの違いはハッキリしましたけど。
ほんと、スタークってどの道に転じてもプロとして徹するのでしょうね。

“葬られた真実は必ず暴かれる”
判決は視聴者の望んだとおり。しかしやはりチャーリーの15年間を思うと、なんとも
複雑でした…。15年ですよ、長い… しかも堀の中で…

さて、ひょんな事から母親が不倫していたという事実を知ってしまったジュリー。
もちろんスタークは承知しており、ママをアバズレ呼ばわりする娘をたしなめます。
まぁ、夫婦間には色々ありますし、離婚の原因も様々。
とりあえず、スタークとジュリーの関係には良い(?)感じの一件だったのでは。


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2008.12.05 *Fri

SHARK 第5話 “失った信頼”

スカっとキレ良く終わらない時もあるって事で…。

大学の寮のパーティーで、シドニーという女性がレイプされる。
相手はフットボール部員3人で、そのうち1人はジョシュ・カーペンターだと告げるシドニー。
あとの2人セスとブレントは面通しで判明。しかしジョシュは大学のスター選手、という事で、
なんだかめんどうな展開になりそうです─

この手でよくあるのが、合意の上だったかっていう点。
でも今回は、それも含まれてましたが、実はジョシュへの腹いせにシドニーが彼の名前を
最初に挙げてしまったという点。
大学側も必死ですし、被害者シドニーの信用性はゼロ…
この件はマデリンに任されていたのですが、さてどうする?

やがて、セスとブレントは過去にも同様の事を起こしていると判明。
しかしその時の被害者女性はシドニーの公判を見て逃げ腰になり拒否。
それでもスタークのアドバイスを受けて、なんとか証拠をあげようと頑張るマデリン。
その結果、新入部員ネルソンから、実はジョシュはレイプ現場の部屋の外で監視役を
していたことがわかります。
さぁ、ジョシュの証言以外、レイプの証拠は無し。何がなんでも立証したい─!

結局、ジョシュと取り引きをし、彼の証言を得るかわりに起訴できない感じに。
まぁ、セスとブレントは一応裁かれたんですけどねぇ~。
うーん… 私はてっきりジョシュを引っ張り出してガツンとやっちゃう展開だと
思ってたので(笑) 
もちろん、こういうやり切れない結末もありですよね…
というか、マデリンの過去話は果たして本当に嘘だったのか。
ああいう嘘を話すのもマデリンらしいって感じだし、それを仕事の為の嘘だとケイシーに
話すのも彼女らしい感じ。でもたぶん、実話なのかなって思いましたけど。

さてジュリー。論文はやはりネットから盗用しちゃったんだね。
それが原因で停学になりかけましたが、スタークが黙っちゃいないし、そうはさせないし。
一応、父親である自分にも責任があると思ったスタークは、娘と話す時間を増やそうと
決意したのでした…。最後のシーンは良かったな~。
あ、再びエディと対決(?)したスターク。爽やかに、すんごい釘を刺してました(笑)


Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)Shark: Season 1 (6pc) (Ws Sub Ac3 Dol Sen)
(2007/10/02)
不明

商品詳細を見る
COMMENT : 9  TRACKBACK : 2  [EDIT] [TOP]



プロフィール

suubi

Author:suubi
FC2ブログへようこそ!

2人の子育て&パートに日々追われている主婦です♪海外ドラマ無くして、私のストレスは発散できません!











おすすめ♪







いらっしゃいませ♪



Copyright © 海外ドラマにハマる! All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。